カレッジフットボールの光と陰

カレッジフットボールの光と陰〜中堅チームの厳しい台所事情

カレッジフットボールがプロ顔負けのビジネスモデルになり得ることは、ここでも紹介しているような例、例えばリクルーティングのためにゴージャスな施設を建設したり、チームまるごと海外へ連れて行ったり、大手スポーツブランドと法外な契約を結んだり、メディアネットワークの収入で懐が温まったり・・・するような記事か

Read More »

カレッジフットボールの光と陰〜マウリス・クラレットの場合

RBマウリス・クラレット(Maurice Clarett)という選手を覚えている人はいるでしょうか。 オハイオ州出身で高校時代に名を馳せたクラレット氏は2002年にオハイオ州の旗艦大学であるオハイオ州立大に鳴り物入りで入学。1年生ながら1237ランヤードを足で稼ぎ、オハイオ州立大での1年生としての最

Read More »

カレッジフットボールの光と陰〜黒人ヘッドコーチ

テキサス大とストロング監督 2016年度シーズン後、テキサス大を3年間率い16勝21敗という成績の後に解雇されたチャーリー・ストロング(Charlie Strong、現サウスフロリダ大)監督。テキサス大という名門校にてこの数字しか残せなかったとあれば、彼の解雇は当然だったという声が大半です。

Read More »

カレッジフットボールの光と陰〜ジーン・チジック氏の場合〜

6月18日は父の日でしたね。世界各地でパパたちが「レアな」賛辞をいただく日となったのでしょうが(笑)、家族を大変重んじるアメリカでは至る所で父の日のイベントやら行われているようでした。カレッジフットボール界でも子を持つコーチなどは忙しい毎日で時には子供の顔も満足に見れないとしても、この日ばかりは家族

Read More »

カレッジフットボールの光と陰〜リクルート達の苦悩

カレッジフットボールという夢の舞台に立つために高校生のリクルートたちは大学チームの甘い言葉に踊らされながらもいずれは自分で自分の進路を決定していかなければなりません。それは気が遠くなるような、期待と不安が入り混じったプロセスであるに違いありません。 カレッジフットボールのリクルーティングは年々熾烈を

Read More »

カレッジフットボールの光と陰〜バリー・スウィッツアー氏の場合

オクラホマ大の元監督でレジェンダリーコーチでもあるバリー・スウィッツアー(Barry Switzer)氏は同チームで数々の勝利シーズンを挙げました。1973年から1988年までの間、総勝利数157勝、12つのカンファレンスタイトル、そしてナショナルチャンピオンには3度も輝くなど70年代、80年代のオ

Read More »