オレゴン大

ワシントン大がアディダスに鞍替え

過去20年間大手スポーツブランドであるナイキ(Nike)と契約を結んできたワシントン大ですが、今回彼らはナイキとの蜜月関係を解消してアディダス(Adidas)に乗り換えることになったそうです。

Read More »

Coaching Carousel 2017 – オレゴン大の場合

オレゴン大は2010年代前半にチップ・ケリー(Chip Kelly、現UCLA)監督に率いられ彼が在籍した4年間で確実に全米中にその名を轟かせました。ケリー監督がプロの世界で挑戦するためにチームを去った後も彼の下でオフェンシブコーディネーターを務めていたマーク・ヘルフリッチ(Mark Helfric

Read More »

Pac-12カンファレンスメディアデー:リキャップ

プレシーズンメディアデーでパワー5カンファレンス最後の登場となったのがPac-12カンファレンスです。今回も気になった情報を厳選してお届けしたいと思います。 【関連記事】SECメディアデー:リキャップ ① ② 【関連記事】ACCメディアデー:リキャップ ① ② 【関連記事】Big 12カンファレンス

Read More »

「シンデレラボーイズ」候補チーム八選

2016年度にカレッジフットボール界に現れた「シンデレラチーム」と言えばBig Tenカンファレンスを制したペンシルバニア州立大、Pac-12カンファレンス南地区タイトルを奪ったコロラド大、そしてグループオブ5チームとはいえレギュラーシーズンを無敗で終えたウエスタンミシガン大などが挙げられます。これ

Read More »

ハーボー監督の搦め手(新展開あり)

ミシガン大ヘッドコーチ、ジム・ハーボー(Jim Harbough)監督は先月経験豊富なベテランコーチを新たにコーチ陣に加えることになりました。が、これがただ単に「新たなコーチを雇用した」だけとは思えないのです。 この度ミシガン大に合流したのは元NFLサンフランシスコ49ersとUCLAのオフェンシブ

Read More »

2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(5)

2016年度シーズンを振り返る、チーム別通信簿。今回は「D」を受け取ったチーム達を紹介したいと思います。本当だったら「F」(落第点)をあげてもいいのかなとも思いますが、そこは慈悲を見せて(笑)「D」にとどめておくことにします。 【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(1) 【関連記事】

Read More »

オレゴン大の新OCが早くも解雇に

先日オレゴン大にて選手が厳し過ぎる(とされている)トレーニングの末に病院おくりになるという、あまりほめられたものではないニュースをお伝えしましたが、さらにそれに追い討ちをかけるようなニュースが飛び込んできました。 【関連記事】オレゴン大のトレーニングを巡る一連の騒動 今オフサウスフロリダ大からオレゴ

Read More »

オレゴン大のトレーニングを巡る一連の騒動

過去8シーズン中7シーズンで全米ファイナルランキングで10位以内を保ってきたオレゴン大ですが、昨季は5勝7敗と惨敗。当然ながらランキングでトップ25に食い込むことはありませんでした。そんなシーズンから立ち直るためにチームは新監督としてサウスフロリダ大のウィリー・タガート(Willie Taggart

Read More »

アラバマ大OLコーチのクリストーバル氏がオレゴン大へ

サウスフロリダ大から新コーチとしてウィリー・タガート(Willie Taggart)氏を招聘し、新体制をスタートさせたオレゴン大ですが、その新オフェンシブコーディネーターとしてアラバマ大のOLコーチであるマリオ・クリストーバル(Mario Cristobal)氏を引き抜いた事が判明しました。 アラバ

Read More »

オレゴン大がサウスフロリダ大のタガート氏を招聘

  先週マーク・ヘルフリッチ(Mark Helfrich)監督を解雇し、その後釜を捜していたオレゴン大はこの度サウスフロリダ大ヘッドコーチ、ウィリー・タガート(Willie Taggart)氏を次期監督に据える事を決定しました。オレゴン大33代目のヘッドコーチとなるタガート氏は同チーム史上

Read More »

オレゴン大のヘルフリッチ監督が解雇に

オレゴン大体育局長のボブ・マレンズ氏はマーク・ヘルフリッチ(Mark Helfrich)監督を解雇したと発表しました。 今季で4年目のヘルフリッチ監督でしたが今年は負け越しシーズンを経験。2年前にはナショナルチャンピオンシップゲームにまで進み、マーカス・マリオタ(Marcus Mariota)がハイ

Read More »

オレゴン大WRアレン、来季チームに復帰しないことを表明

  現在膝の手術後のリハビリ中であるオレゴン大のWRデヴォン・アレン(Devon Allen)ですが、この度来シーズンはオレゴン大でフットボールをプレーしない事を決断しました。 このサイトでも以前取り上げましたが、アレンは陸上のハードル選手としても活躍。この夏に行われたリオ五輪ではアメリカ

Read More »

オレゴン大WRアレン、膝の怪我で今季絶望に

今年8月に行われたリオ五輪にアメリカ代表のハードル選手として出場し5位入賞を果たした、オレゴン大WRデヴォン・アレン(Devon Allen)ですが、残念なことに怪我のために今季残りのシーズン出場が絶望的となりました。 先週のネブラスカ大戦で痛めた膝でしたが、検査の結果前十字靭帯(ACL)断裂と診察

Read More »

オレゴン大アレンの五輪、終わる

オレゴン大WRデヴォン・アレン(Devon Allen)のリオでの暑い夏が終わりました。 アレンがアメリカ代表の110メートルハードル選手として出場しているリオ五輪ですが、予選を通過し準決勝へ進出したアレンはそこでも快足を見せ、予選タイムを上回る記録で見事決勝レースへ駒を進めました。 そして決勝レー

Read More »

オレゴン大アレン、リオ五輪ハードルで準決勝へ進出

メダル獲得への大きな夢をつなぎました。 現在リオ五輪に出場中のオレゴン大WRで陸上選手でもあるデヴォン・アレン(Devon Allen)は8月15日110メートルハードル予選に参加。見事予選を通過し準決勝へ進出を決めました。 【関連記事】オレゴン大WRアレン、リオ五輪へ レース直前まで雨が降り、トラ

Read More »

オレゴン大WRアレン、リオ五輪へ

どうせ二足のわらじを履くのなら、これぐらいの偉業を達成してみたいものです。 オレゴン大WRデヴォン・アレン(Devon Allen)はその快足を活かし陸上競技も掛け持ちしているのですが、なんとそのアレン、110Mハードルでアメリカ代表入りし来月行われるリオ五輪に出場することが決まったのです。 Emb

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ⑧

3位:2010年度 オレゴン大(12勝1敗) 勝者:アーバン大(22対19) これまでにもオレゴン大は非常に良いチームを輩出し続けてきましたが、2010年度のオレゴン大ダックスはよりパワフルでなによりも息もつかせぬ速攻オフェンスを武器にカレッジフットボール史に確固たる名を刻みました。 その速攻オフェ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップゲームで敗れたチーム十傑 ③

8位:2014年度 オレゴン大(13勝2敗) 勝者:オハイオ州立大(42対20)   2010年度シーズン以来2度目のナショナルチャンピオンシップゲーム出場を果たした2014年度のオレゴン大でしたが、タイトルゲームでは突如として大外から巻いて来たオハイオ州立大に完敗。しかし2年目のヘッドコ

Read More »