オクラホマ大

2019年度春季トレーニングリポート【その5】

4月も半ばを過ぎいよいよ春季トレーニングシーズンも終わりに近づいてきました。トレーニングの締めくくりとなる紅白戦も毎週末のように各地で行われていますが、今回は先週末紅白戦を行ったアラバマ大、アーバン大、オクラホマ大、テキサスA&M大の様子を簡単にご紹介します。

2019年度春季トレーニングリポート【その3】

各地で行われている春季トレーニングもいよいよ佳境を迎えています。今週末は「スプリングゲーム」のピークを迎え、さらに各地で多くの春季トレーニングの締めくくりとなる紅白戦が行われる予定です。今回もまたその中から今週末紅白戦を行う主なチームの春の状況を織り交ぜながら紅白戦で注目したいポイントを紹介します。

元オクラホマ大RBマレー氏がアリゾナ大入り

2007年から2010年までオクラホマ大でプレーし、卒業後は主にダラスカウボーイズやテネシータイタンズでプレーしたRBデマルコ・マレー(DeMarco Murray)氏がケヴィン・サムリン(Kevin Sumlin)監督率いるアリゾナ大のRBコーチに就任したことが明らかになりました。

アラバマ大QBハーツがオクラホマ大へ

アラバマ大で2016年度と2017年度に先発QBを任されるも昨年度はトゥア・タガヴァイロアにその座を奪われたジェイレン・ハーツ。残り1年のプレー資格を先発QBとして使うために予想通りアラバマ大から転校することになり、この度その転校先がBig 12カンファレンスの名門・オクラホマ大になることがわかりました。

オクラホマ大QBマレーがNFLドラフト入りへ

2018年度の最優秀選手に贈られるハイズマントロフィーを獲得したオクラホマ大のカイラー・マレー(Kyler Murray)。ここ最近でも稀に見る運動神経の持ち主で、一人で試合の流れを変えられるレアな選手です。そんな彼の今後の去就に注目が集まっていましたが、この度プロリーグであるNFLのドラフト入りを宣言しました。

オレンジボウル:アラバマ大45、オクラホマ大34

カレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝第2戦目となったオレンジボウルは全米1位のアラバマ大と同4位のオクラホマ大の対決。お互いが全米を代表するほどの攻撃力を持つチームであり、そして両チームのQBがハイズマントロフィーレースで熾烈な争いを経たという因縁の対決でもありました。そしてこの大一番を制したのは・・・。

オレンジボウルプレビュー

今年度のCFPの準決勝戦第2戦目は1位のアラバマ大と4位のオクラホマ大が対戦するオレンジボウルです。どちらも今季のカレッジフットボールを代表する強力オフェンスを擁するチーム。またハイズマントロフィー受賞QBとそのランナーアップとの対決という構図にもなっています。ここではこのメガマッチの見どころを探りたいと思います。

超興奮!ファイトソングトップ12【12位→7位】

カレッジフットボールがNFLと一線を画していることに応援の仕方が挙げられると思います。特にマーチングバンドの存在は確実にカレッジフットボールとプロフットボールとで決定的に異なるもので、それがあるとないとではスタジアムの雰囲気は大きく異なってきます。 それぞれのチームには大なり小なりマーチングバンドが

【続報】マレーがアスレティクスと契約

先日オクラホマ大QBカイラー・マレー(Kyler Murray)がMLBオークランドアスレティクスから総合9番目という高順位でドラフトされたというニュースをご紹介しました。そこでマレーの去就が注目されたわけですが、彼自身は来シーズンのカレッジフットボールもオクラホマ大でプレーすることを明言。チーム関

カレッジフットボールかプロ野球か?

昨夜(6月4日)にプロ野球のMLBのドラフト会議が行われました。そのドラフトの総合9番目に選ばれたのがなんとオクラホマ大QBのカイラー・マレー(Kyler Murray)でした。

カレッジチームの資産価値は?

カレッジフットボールはアマチュアスポーツでありながらものすごい巨額の金が動くビジネスでもあることはこのサイトでも紹介してきました。ゲームチケットやグッズの売上、テレビ放映権や商標権などから日本では考えられないほどの収益があったりします。 もちろん120チームあるFBS(フットボールボウルサブディビジ

ストゥープス氏のトリビュートに意外な人が

2017年度シーズン開幕前に突然の引退宣言をして一線から退いた元オクラホマ大監督のボブ・ストゥープス(Bob Stoops)氏。2001年に就任2年目でいきなり全米制覇を成し遂げるとその後も18年間に渡りチームを常勝チームとして育て続けてきました。 引退時にはまだ56歳でコーチ業界ならまだまだ現役バ

ローズボウルレビュー

ジョージア大 54、オクラホマ大 48 今季のカレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝戦第1試合目となったローズボウルはカレッジフットボール史に残る大変劇的なゲームとなりました。 【関連記事】ローズボウルプレビュー 先制したのはオクラホマ大。彼らのスターQBで今年のハイズマントロフィー受賞選手

ローズボウルプレビュー

1月1日 ジョージア大 vs オクラホマ大 今シーズンのカレッジフットボールプレーオフ(CFP)準決勝戦の第1戦目となるローズボウルは全米2位のオクラホマ大と3位のジョージア大の顔合わせ。オクラホマ大はBig 12カンファレンス、ジョージア大はサウスイースタンカンファレンス(SEC)のチャンピオンと

大幅なオーバーホールが必須なポジションを持つチーム八選

毎年ロースターが入れ替わるカレッジフットボール界において、どれだけの選手が前年度から繰り越しでチームに残留するかは、来るシーズンへの準備段階で非常に重要な要素となってきます。特に多くの経験豊富な3、4年生を多く抱えることができるチームにとってそれは大きな財産となります。

今シーズン最もタフなスケジュールが待つチーム十選

全チームが夢見るカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出するために非常に重要なのは勝ち星を挙げ続けることだけでなく、チームのスケジュールも大いに影響を及ぼします。 例えばCFP初年度となった2014年度にはベイラー大とテキサスクリスチャン大は非常にいい成績を残していながらも、交流戦(ノンカンフ

Big 12メディアデー:リキャップ

サウスイースタンカンファンス(SEC)、アトランティックコーストカンファレンス(ACC)についで3番目にメディアデーを開催したのがBig 12カンファレンス。NFLダラスカウボーイズの施設内にあるフォードセンターで行われたこのイベントですが、今回はこの中から数チームに絞って監督たちの発言を紹介したい

ストゥープス氏の再就職先は・・・

先日コーチングから引退することを表明したオクラホマ大元監督のボブ・ストゥープス(Bob Stoops)氏。引退会見では今との頃コーチ復帰は考えておらず、「テレビ解説者でもするかも」と話したものの、具体的に今後何をするかは明かしていませんでした。 【関連記事】ストゥープス氏は完全引退か?

ストゥープス元監督が残していったもの

先日コーチングから引退することを発表したオクラホマ大のボブ・ ストゥープス(Bob Stoops)氏。過去18年間もオクラホマ大を引っ張ってきたこともあり、 チームのダイナミクスを大きく変えることになるでしょう。彼がオクラホマ大で成し遂げたことはそう簡単にコピーすることはできませんし、また彼の後継者

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト