アーバン大

超興奮!ファイトソングトップ12【12位→7位】

カレッジフットボールがNFLと一線を画していることに応援の仕方が挙げられると思います。特にマーチングバンドの存在は確実にカレッジフットボールとプロフットボールとで決定的に異なるもので、それがあるとないとではスタジアムの雰囲気は大きく異なってきます。 それぞれのチームには大なり小なりマーチングバンドが

Read More »

アンダーアーマーで大損?

スポーツとスポーツブランドは切っても切れない間柄です。特にプロスポーツやカレッジフットボールなどファンの注目を大いに浴びるスポーツでは、どのチームがどのブランドと契約して彼らのギアを使用するかはそのブランド会社にとっては大ごとなわけです。強いチームならなおさら彼らと契約した場合のキックバックの額が比

Read More »

ピーチボウルプレビュー

1月1日 セントラルフロリダ大 vs アーバン大 今年のピーチボウルのマッチアップは今季唯一全勝を守っているセントラルフロリダ大(UCF)とSECの強豪アーバン大となりました。もっともどちらかといえばこのマッチメーキングは、「グループオブ5」を代表して「ニューイヤーズ6ボウル」出場権を獲得したセント

Read More »

アーバン大プレビュー

  2017年度シーズン プレシーズン情報 / チームレビュー AUBURN Tigers アーバン大タイガース 2017年度プレシーズンランキング:12位 2016年度戦績:8勝5敗(SEC:5勝3敗) 2016年度ファイナルAPランキング:24位 展望 関連記事 展望 昨年度のアーバン

Read More »

今シーズン先発の座が危ぶまれるQBたち五選

プレシーズンキャンプインして早くも1週間。チームでは熾烈な先発争いが繰り広げていられることでしょう。それはチームの花形とも言えるQBポジションでも言えることですが、昨年先発QBを務めたからといって、はたまた春季トレーニングで先発争いでリードしていたからといって開幕戦でスターティングQBに任命される保

Read More »

今シーズン最もタフなスケジュールが待つチーム十選

全チームが夢見るカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出するために非常に重要なのは勝ち星を挙げ続けることだけでなく、チームのスケジュールも大いに影響を及ぼします。 例えばCFP初年度となった2014年度にはベイラー大とテキサスクリスチャン大は非常にいい成績を残していながらも、交流戦(ノンカンフ

Read More »

「シンデレラボーイズ」候補チーム八選

2016年度にカレッジフットボール界に現れた「シンデレラチーム」と言えばBig Tenカンファレンスを制したペンシルバニア州立大、Pac-12カンファレンス南地区タイトルを奪ったコロラド大、そしてグループオブ5チームとはいえレギュラーシーズンを無敗で終えたウエスタンミシガン大などが挙げられます。これ

Read More »

野生トラを保護せよ!

クレムソン大、アーバン大、ルイジアナ州立大、ミズーリ大。皆さんはこの4チームの共通点がなんだかわかりますか? それは彼らのマスコットが共通して「タイガー(トラ)」であることです。 アメリカの大学スポーツには大抵マスコットがおり、その多くが動物です。マスコットは各チームのアイデンティティーの為にもニッ

Read More »

SECメディアデー:リキャップ②

前回に引き続きSECのメディアデーの様子をお伝えします。3日目にはいよいよ真打ち・アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督が登壇しました。 【関連記事】SECメディアデー:リキャップ①

Read More »

アーバン大の名物イーグル、今年は飛ばず

アーバン大の名物マスコットであるゴールデンイーグルの「ノヴァ(Nova)」。彼らのホームゲームの試合前にスタジアムの上から悠々と飛翔してくるトラディションは数あるカレッジフットボールの伝統の中でも有名ですが、残念ながら2017年度シーズンにノヴァの飛ぶ姿を見ることは出来ないそうです。

Read More »

SECの再編成は必要か?

全米各地に散らばるカンファレンスが姿形を変えながら今日のようになったのは少し前にこのページでも紹介しましたが、恐らくカンファレンス拡張・再編成は今後も時代の流れによって留まる事は無いでしょう。 ミズーリ大とテキサスA&M大の参戦 長い歴史を誇るサウスイースタンカンファレンス(SEC)も他のカ

Read More »

アーバン大、名所の樫の木を植え替える

アーバン大の名所の一つにトゥーマーズコーナー(Toomer’s Corner)というところがあります。ここはアーバン大キャンパスの一角にある交差点なのですが、ここには二本の大きな樫の木が立っていました。昔からアーバン大にとっていいことがあるとこの樫の木にトイレットペーパーを投げかけるのが

Read More »

2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(3)

2016年度シーズンを振り返る、チーム別通信簿。今回は「B」を受け取ったチーム達を紹介したいと思います。「B」悪くもないが良くもない・・・そんな「不完全燃焼」なチーム達と考えて頂ければ分かりやすいかと思います。 【関連記事】2016年度シーズン総括:チーム別通信簿(1) 【関連記事】2016年度シー

Read More »

ノースカロライナ大のチジック氏が退団へ

ノースカロライナ大ディフェンシブコーディネーターのジーン・チジック(Gene Chizik)氏がコーチ業から一時撤退することが発表されました。 チジック氏は2009年から2012年までアーバン大を率いていたことで知られ、2010年にはQBカム・ニュートン(Cam Newton・現カロライナパンサーズ

Read More »

元ベイラー大QBスティッドハム、アーバン大へ転校

今季開幕前にベイラー大はアート・ブライルス(Art Briles)氏を選手のスキャンダルの責任を取って解雇しました。そしてその直後からベイラー大に入部を決めていた多くのリクルート達が進学先を変更するという事態に陥りました。また在学中だった選手の中にもベイラー大を見限って転校していく選手も数人居ました

Read More »

テネシー大>アーバン大?

現在開幕以来の首位を守り続けているアラバマ大。彼らの永遠のライバルといえば同じアラバマ州にあるアーバン大ですが、先日アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督はアーバン大関係者及びファンたちを逆撫でするような発言をしました。 セイバン監督は先週出演したラジオの中で、アラバマ大の選手たち

Read More »

アーバン大ファン、マルザーン監督バイアウトの資金を募る

今季も厳しい戦いが続くアーバン大。今のところ1勝2敗と負けが先行し、SEC西地区を制する事は現実味が早くもなくなってしまいました。さらには永遠のライバル、アラバマ大との差も離される一方。現ヘッドコーチ、ガス・マルザーン(Gus Malzahn)監督就任からチーム力は下降の一線を辿るばかりです。そんな

Read More »

アーバン大とペンシルバニア州立大が2021年と2022年に対戦

ちょっと先の話になりますが、SECとBig Tenの強豪チーム同士が対戦することが決定しました。 アーバン大とペンシルバニア州立大(ペンステート)がホーム&ホーム形式で2021年と2022年に相まみえることになりました。2021年にはペンステートで、そして2022年にはアーバン大で試合が行われること

Read More »

アーバン大マルザーン監督の契約が2020年まで延長

アーバン大ヘッドコーチ、ガス・マルザーン(Gus Malzahn)監督が2020年までの契約更新に合意しました。 この契約更新によりマルザーン監督は契約が切れる2020年まで毎年472万ドルを支払われることになります。2014年に契約更新した際には年間435万ドルの収入ということでしたので多少の色目

Read More »