アーバン大

[quads id=2]

第14週目レビュー

今季最終節となった第14週目。この週末は「ライバリー」ゲームが各地で行われた週であり、またCFP及び各カンファレンスタイトル争いにおいて大事な時期でもあり、いろいろな意味で盛り上がった週末になりました。。大勝あり、アップセットあり、僅差の激戦あり・・・。シーズン大詰めの第14週目を振り返ります。

第14週目の見どころ

いよいよ今季もレギュラーシーズン最終節。カンファレンス優勝決定戦出場、プレーオフ出場、勝ち越しを決めてボウルゲーム出場資格を獲得を目指すチーム達。宿敵同士の対決であるライバリーゲーム。また今週末で学生生活最後の試合となる4年生選手たち。様々な思いを馳せた選手たちが駆け抜ける第14週目の見どころをお伝えします。

第12週目レビュー

第12週目も手に汗握る好ゲームが各地で行われましたが、5チームいた無敗チームのうち2チームに土がついたり、ハイズマントロフィー候補のスター選手がシーズン絶望となる大怪我を負うなどドラマに満ちた週末になりました。そんな第12週目を振り返ります。

第12週目の見どころ

今季のカレッジフットボールもいよいよ終盤。ナショナルタイトルを狙うチーム、もしくは所属するカンファレンスタイトルを狙うチームらはそれぞれもう負けることが許されない緊迫した状況に突入していきます。強豪校ですら油断できないこの第12週目の主な見どころを探っていきます。

アーバン大の先発RBが長期離脱へ

先週フロリダ大との大一番に敗れたアーバン大。今季初黒星となってしまったわけですが、それでも今後LSU、ジョージア大、アラバマ大との試合が残されており、これらの試合を突破できればまだまだ自力SEC優勝およびプレーオフ進出の可能性は残されています。しかしそんな彼らにとって悪いニュースが。

第4週目の見どころ

第4週目は先週末と打って変わってランカー同士の戦いが3つもあります。ジョージア大とノートルダム大の対決はカレッジフットボールファンなら誰しもが生唾もので街の焦がれるマッチアップです。その他にもBig Tenを占うミシガン大とウィスコンシン大の戦いなど盛りだくさん。そんな第4週目の見どころを見ていきます。

第1週目レビュー【随時更新】

本格的に各地で開幕したカレッジフットボール第1週目。期待以上の結果を残したチームもあれば、いきなりずっこけたチームあり・・・。どんな結果にしろたかが初戦、されど初戦な第1週目の結果を土曜日に行われた主な試合を中心に振り返ってみたいと思います。

You are the ONE!

2019年度のカレッジフットボールシーズンは来週末各地で本格的にシーズンインします。8月初旬からキャンプインしているチームたちはそのプレシーズンキャンプを打ち上げ、いよいよそれぞれの開幕戦に備えるわけですが、今回は最近先発QBを任命したチームを幾つか紹介します。

元アーバン大監督バウデン氏の再就職先・・・

かつてアーバン大を率いて1993年に完全無敗シーズンを記録、最近ではアクロン大の監督を7年間務めたテリー・バウデン氏。2018年度シーズンは4勝8敗と冴えずアクロン大から解雇されてしまいしばらく無職でしたが、この度バウデン氏の再就職が決まりました。それは・・・。

アーバン大の「声」が事故死

カレッジフットボールにおいてアナウンサーの声というのは切っても切り離せないものです。長い間同じ声を聞き続ければ刷り込みと同じようにその声を聞いただけでカレッジフットボールを思いこさせ、ファンの気持を高めてくれます。そんな空気のような存在でもある「声」をアーバン大ファンは失うことになってしまいました。

2019年度春季トレーニングリポート【その5】

4月も半ばを過ぎいよいよ春季トレーニングシーズンも終わりに近づいてきました。トレーニングの締めくくりとなる紅白戦も毎週末のように各地で行われていますが、今回は先週末紅白戦を行ったアラバマ大、アーバン大、オクラホマ大、テキサスA&M大の様子を簡単にご紹介します。

2019年オフシーズンニュースまとめ【その2】

オフシーズン中に紹介しきれず溜まっていたニュースを掻い摘んでご紹介いたします。2002年から2004年までアーバン大で大活躍したキャデラック・ウィリアムス氏が母校に凱旋しRBコーチに就任した話とか、カレッジフットボール界の強豪リーグであるサウスイースタンカンファレンスの昨年の収入が突出したものだったこととか。

超興奮!ファイトソングトップ12【12位→7位】

カレッジフットボールがNFLと一線を画していることに応援の仕方が挙げられると思います。特にマーチングバンドの存在は確実にカレッジフットボールとプロフットボールとで決定的に異なるもので、それがあるとないとではスタジアムの雰囲気は大きく異なってきます。 それぞれのチームには大なり小なりマーチングバンドが

アンダーアーマーで大損?

スポーツとスポーツブランドは切っても切れない間柄です。特にプロスポーツやカレッジフットボールなどファンの注目を大いに浴びるスポーツでは、どのチームがどのブランドと契約して彼らのギアを使用するかはそのブランド会社にとっては大ごとなわけです。強いチームならなおさら彼らと契約した場合のキックバックの額が比

ピーチボウルプレビュー

1月1日 セントラルフロリダ大 vs アーバン大 今年のピーチボウルのマッチアップは今季唯一全勝を守っているセントラルフロリダ大(UCF)とSECの強豪アーバン大となりました。もっともどちらかといえばこのマッチメーキングは、「グループオブ5」を代表して「ニューイヤーズ6ボウル」出場権を獲得したセント

今シーズン先発の座が危ぶまれるQBたち五選

プレシーズンキャンプインして早くも1週間。チームでは熾烈な先発争いが繰り広げていられることでしょう。それはチームの花形とも言えるQBポジションでも言えることですが、昨年先発QBを務めたからといって、はたまた春季トレーニングで先発争いでリードしていたからといって開幕戦でスターティングQBに任命される保

今シーズン最もタフなスケジュールが待つチーム十選

全チームが夢見るカレッジフットボールプレーオフ(CFP)に進出するために非常に重要なのは勝ち星を挙げ続けることだけでなく、チームのスケジュールも大いに影響を及ぼします。 例えばCFP初年度となった2014年度にはベイラー大とテキサスクリスチャン大は非常にいい成績を残していながらも、交流戦(ノンカンフ

「シンデレラボーイズ」候補チーム八選

2016年度にカレッジフットボール界に現れた「シンデレラチーム」と言えばBig Tenカンファレンスを制したペンシルバニア州立大、Pac-12カンファレンス南地区タイトルを奪ったコロラド大、そしてグループオブ5チームとはいえレギュラーシーズンを無敗で終えたウエスタンミシガン大などが挙げられます。これ

野生トラを保護せよ!

クレムソン大、アーバン大、ルイジアナ州立大、ミズーリ大。皆さんはこの4チームの共通点がなんだかわかりますか? それは彼らのマスコットが共通して「タイガー(トラ)」であることです。 アメリカの大学スポーツには大抵マスコットがおり、その多くが動物です。マスコットは各チームのアイデンティティーの為にもニッ

SECメディアデー:リキャップ②

前回に引き続きSECのメディアデーの様子をお伝えします。3日目にはいよいよ真打ち・アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督が登壇しました。 【関連記事】SECメディアデー:リキャップ①