アーバン・マイヤー

元オハイオ州立大監督マイヤー氏の現場復帰の可能性は・・・

通算戦績187勝32敗という驚異的な数字を残しつつも、自身の健康上の理由で惜しまれながらコーチングの世界から引退した、元オハイオ州立大監督のアーバン・マイヤー氏。現在54歳と年齢だけ見ればまだまだ若い方に数えられるマイヤー氏ですが、果たして彼が再び返ってくる日は来るのでしょうか?

恩を仇で返したヤング氏

「世紀のゲーム」と言われる2005年度全米優勝決定戦・テキサス大vsサザンカリフォルニア大ではQBヴィンス・ヤング氏の活躍でテキサス大が全米制覇を成し遂げましたが、その後のヤング氏の人生は紆余曲折。引退後には母校で仕事を斡旋してもらっていましたが、なんと最近ヤング氏は母校から首を切られてしまいました。

ローズボウルレビュー

Big Tenからオハイオ州立大、Pac-12からワシントン大がそれぞれのカンファレンスを代表してこの歴史あるローズボウルに出場。そしてこのローズボウルがオハイオ州立大のアーバン・マイヤー監督にとって現役最後の試合となったのです。

オハイオ州立大マイヤー監督が引退へ

つい先日所属するBig Tenカンファレンスの優勝決定戦でノースウエスタン大を破ってリーグ2連覇を果たしたオハイオ州立大。お正月には今シーズンの締めくくりとして由緒あるローズボウルに出場しワシントン大と対決することになっています。そんなオハイオ州立大から驚きのニュースが飛び込んできました。

オハイオ州立大マイヤー監督の処遇が決定

オハイオ州立大のプレシーズンキャンプ入り直前に発生した、アーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督休職処分を引き起こした一連の事件。彼のアシスタントコーチが起こしたドメスティックバイオレンスをマイヤー監督が承知していたのかどうか、ということと、それに対する処分を巡って約3週間の第三者調査が行わ

【続々報】オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

各地でプレシーズンキャンプが始まってすでに数日経っていますが、2018年度シーズン開幕前から話題をかっさらっているのがオハイオ州立大のアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督の処遇がどうなるかということです。事の次第ではマイヤー監督解雇の可能性もあり、そうなれば優勝候補のオハイオ州立大にシー

【続報】オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

いよいよ各地で2018年度シーズン開幕に向けてのプレシーズンキャンプが始まりましたが、現在渦中のオハイオ州立大もキャンプインしました。しかし肝心のHCアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督不在の中で。

オハイオ州立大マイヤー監督が休職処分に

2018年度シーズン開幕へ向け全米でプレシーズンキャンプインを目前としている中、優勝候補にも挙げられているオハイオ州立大にスキャンダルの予感です・・・。というのもアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督が休職処分に処せられてしまったのです。

セイバン監督もついに折れた?

これは驚きです。 昨年夏の流行語大賞(?)でもあった「サテライトキャンプ」。これは大学チームのコーチが地元を離れて遠隔地行う、高校生向けの技術向上のための合宿のことですが、昨年はミシガン大のジム・ハーボー(Jim Harbaugh)監督が他の誰よりもアグレッシブにサテライトキャンプを行い、全国各地を

ストゥープス氏は完全引退か?

オクラホマ大のボブ・ストゥープス(Bob Stoops)氏がコーチングの世界から電撃引退してまだ日は浅いですが、未だにちょっと信じられないというのが本当のところです。まだ56歳とコーチ界ではまだまだ現役で、健康にも問題なく、オクラホマ大ではこれまで負け越したことは一度もない上にここ数年はナショナルタ

マイヤー監督の自宅の庭に...

全米でも最も知名度のあるライバル関係であるオハイオ州立大とミシガン大。水と油のような間柄であるこの両チームはお互いを心底嫌い合うのが日常茶飯事ですが、この度ちょっと行き過ぎな出来事がオハイオ州立大のアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督の自宅の庭で起きました。 マイヤー監督の奥様であるシェ

マイヤー監督とハーボー監督が笑顔でツーショット?!

オハイオ州立大とミシガン大はカレッジフットボール界でも一、二を争うライバル関係にありますが、さらにアーバン・マイヤー(Urban Meyer)監督とジム・ハーボー(Jim Harbaugh)監督という「キャラの立った」二人は水と油の間柄だと誰しもが疑わないでしょうが・・・。 米スポーツ専門局ESPN

ミシガン大のフロリダ遠征にライバル校の監督は・・・

ミシガン大が春季トレーニングの一部をフロリダ州で行ったという話は以前にも紹介しましたが、この遠征が終わった今でもこのトピックについてさまざまなところで語られています。 【関連記事】ミシガン大の春季キャンプにSECがもの申す?! 【関連記事】ハーボー監督 vs SEC – 新たななるライバリー 各チー

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑨

2位:アーバン・マイヤー(Urban Meyer)- オハイオ州立大 現在オハイオ州立大のヘッドコーチであるアーバン・マイヤー監督はコーチング界で彗星のごとく現れ一気にスターダムにのし上がりました。 2001年に俗にいうミッドメジャー校であるボーリンググリーン州立大のヘッドコーチに就任。これがマイヤ

長期政権を担うヘッドコーチ十傑 ⑤

4位:カイル・ウィッティンガム(Kyle Whittingham)- ユタ大 ユタ州にあるブリガムヤング大(BYU)で11年間チームを指揮して来たブロンコ・メンデンホール(Bronco Mendenhall)氏が今年からバージニア大を指揮するためにチームを去りました。BYUでは今年は変化の年となりそ