ハイズマントロフィーへの道【Vol.1】

今季のカレッジフットボールも1ヶ月を過ぎ、早くも10月に突入しました。業界では誰がカレッジフットボールプレーオフに進出するのか、どのチームがカンファレンスタイトルを獲得するのか、などの話題で盛り上がっていますが、忘れてならないのはハイズマントロフィーレースです。ハイズマントロフィーはその年の最高選手に送られる大変歴史あるアワードで、個人が獲得できる賞の中では群を抜いて重要なものであります。

これまで5試合ほど消化されてきましたが、すでにその中でハイズマントロフィーレースに名を馳せる選手たちが絞られてきました。今回はそんなハイズマントロフィーレースにおける候補者たちを取り上げてみたいと思います。

トゥア・タガヴァイロア(Tua Tagovailoa)

アラバマ大2年生QB

Embed from Getty Images

今年から先発QBを任されているタガヴァイロア。アラバマ大QBとしてこれまでに無いパスが投げられるQBとしてオールマイティーに活躍。全米首位のアラバマ大に更なる奥行きを与えています。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
88/66 1161 75.0% 14 0

*ランの記録:20キャリー、115ヤード、2TD

カイラー・マレー(Kyler Murray)

オクラホマ大3年生QB

Embed from Getty Images

今オフMLBのオークランドアスレチックスからドラフト指名され、3年生ながら今期を最後にプロ野球入りすることを表明しているマレーですが、野球選手にしておくにはもったいなさすぎる才能をフットボールフィールド上で発揮し続けています。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
109/77 1460 70.6% 17 2

*ランの記録:46キャリー、285ヤード、4TD

ドゥウェイン・ハスキンズ(Dwayne Haskins)

オハイオ州立大2年生QB

Embed from Getty Images

今年から名門オハイオ州立大の先発を任された若きオフェンスリーダー。しかし2年生とは思えない正確なパスとポケット内での冷静さは早くもNFLの器だと囁かれています。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
154/109 1464 70.8% 19 2

ウィル・グリアー(Will Grier)

ウエストバージニア大4年生QB

Embed from Getty Images

フロリダ大からの転校生であるグリアーは過去の過ちを乗り越えて現在快進撃を続けるウエストバージニア大の中心人物にまで成長しました。チームの出来とともに彼の評価はどんどん上がってきています。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
136/98 1487 70.6% 17 3

トレース・マクソーリー(Trace McSorley)

ペンシルバニア州立大4年生QB

Embed from Getty Images

昨年まで活躍したRBサクオン・バークレー(Saquon Barkley)の抜けた後、オフェンスを一人で背負うマクソーリー。肩と足でこれまでチームの窮地を何度も救ってきた彼はそのガッツあるプレースタイルから多くの人々を魅了しています。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
138/73 1460 52.9% 10 2

*ランの記録:66キャリー、410ヤード、6TD

ジャレット・スティッドハム(Jarrett Stidham)

アーバン大4年生QB

Embed from Getty Images

グリアーと同じく転校生(ベイラー大から)であるスティッドハムはいまではアーバン大に無くてはならない貴重なQBとなりました。Big 12、そしてSECと渡り歩いてきた彼の経験値は何物にも代えがたいです。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
130/82 963 63.1% 5 2

ジャスティン・ハバート(Justin Herbert)

オレゴン大3年生QB

Embed from Getty Images

開幕前からプロでもやれると太鼓判を押されてきたハバート。6フィート6インチ(198cm)という超カレッジ級のはバートはその体格に見合わない機動力も持ち合わせる次レベルのQBです。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
136/88 1411 64.7% 15 5

*ランの記録:33キャリー、107ヤード、1TD

マッケンジー・ミルトン(McKenzie Milton)

セントラルフロリダ大3年生QB

Embed from Getty Images

グループオブ5出身チームの急先鋒であるセントラルフロリダ大のパワフルオフェンスを牽引するのがQBミルトン。タガヴァイロアと同じハワイ州出身の彼はパワー5出身チームのどのQBと比べても見劣りすることはありません。

【これまでの記録】

投球数/成功数 ヤード 成功率 TD INT
137/84 1223 61.3% 13 3

*ランの記録:33キャリー、198ヤード、5TD

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+