2018年度シーズン開幕!

今年のカレッジフットボールは「レイバーデーウィークエンド」と呼ばれる来週末から全国各地で一斉に初戦を迎えますが、それに先駆けて8月25日(土)にFBS(フットボールボウルサブディビジョン)では4試合が開催され、実質的に2018年度シーズンが開幕いたしました!

ハワイ大43、コロラド州立大34

ベガスのオッズではコロラド州立大有利とされていたようですが、キックオフから3ポゼッション連続でスコアを叩き出したハワイ大。一時は37対7と大きく突き放しましたが、コロラド州立大も意地を見せ、試合終了間際には40対34とTD一つで逆転もありというところまで詰め寄りました。しかしハワイ大は最後に時間を削りながらFGを決めてコロラド州立大の息の根を止めて、今シーズン最初の「番狂わせ」を演じました。

ワイオミング大29、ニューメキシコ州立大7

試合はスコア以上にワイオミング大がニューメキシコ州立大を圧倒。スターQBジョシュ・アレン(Josh Allen、現バッファロービルズ)がチームを去り新たなスター探しが必須でしたが、この日206ヤードに2TDを足で稼いだニコ・イヴァンズ(Nico Evans)が次期スター候補に名乗りを上げました。

ライス大31、プレアリーヴュー大28

FBS所属のライス大がその下部リーグであるFCS所属のプレアリーヴュー大に大苦戦。開幕戦からまさかの敗戦を喫するところでしたが、28対26のプレアリービュー大リードで迎えた第4Qに起きたこのプレーで試合が同点に。

そして試合終了と同時に23ヤードFGが決まってライス大が辛くも勝利。いきなり格下に土をつけられるという難を逃れました。

マサチューセッツ大63、デュケーン大15

こちらもFBSとFCSのマッチアップとなったこの試合はスコアの通り格上のマサチューセッツ大が圧倒。今季いい滑り出しとなりました。

 

さあ、本格的なシーズン開始まであと1週間!それまであといくつのプレビュー記事がかけかな・・・。

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+