NFLドラフトに関する逸話

ドラフトが始まって80年ほど経ちましたが、これだけ長い間ドラフトが行われてくれば、時に珍事も起きるものです。ここではこれまでのドラフトで起きたちょっと変わった逸話を紹介したいと思います。

ギャンブラー、レイダース

ノートルダム大ラヒーブ・イスメイル(Raghib Ismail)は1991年のドラフトでは目玉選手に数えられていました。しかし彼はNFLではなく高い報酬が見込めるカナディアンフットボールリーグ(CFL)のトロントアーゴナッツと契約を結びました。

イスメイルの心はすでにCFLに移っていましたが、オークランドレイダースはそれにもかかわらず第4巡目で彼を指名したのです。

数年後アーゴナッツは経営危機に陥り、イスメイルは実際にレイダースに入団することになり、トータル10年間をNFLで過ごすことになるのでした。

日曜日じゃなかったら・・・

ブリガムヤング大のOTだったイーライ・ハーリング(Eli Herring)は1995年のNFLドラフトで第1巡目から第3巡目という高順位でドラフトされると予想されていました。しかし敬虔なモルモン教徒であったハーリングにとって日曜日はモルモン教の安息日として仕事はしてはいけないことになっており、彼自身NFLの各チームに自分はNFLでプレーしないと通達していました。

もちろんそれを受けて多くのチームが彼に手をつけることはしませんでしたが、オークランドレイダースは何を思ったのか(笑)ハーリングを第6巡目で指名しました。彼らがハーリングに一か八かでオファーした理由として、50万ドル(約5000万円)をオファーするぐらいのことは「神からのギフト」のようなものだから、といっていたということです。

結局ハーリングはこの誘いに乗ることはありませんでしたが、このような無意味なドラフトチョイスをするレイダースを嘲笑する言葉として「レイダースはまたハーリングを釣ろうとしている」といったヘッドラインがその後も地元ニュースの見出しを飾るようになったのでした。

時間切れ!

2003年のドラフトでミネソタバイキングは自身の第1巡目(総合7番目)の指名権を巡り、ボルティモアレイヴンズジャクソンビルジャガーズニューイングランドペイトリオッツとトレードを模索していました。しかしその話し合いに気を取られ、15分間の制限時間をオーバー。バイキンスは何と選手をドラフトするチャンスを逃してしまったのです。

それだけでなく、バイキングスが選手を指名しなかったおかげでその直後のジャガーズ、カロライナパンサーズはその「余波」を受け、結果的にジャガーズはQBバイロン・レフトウィッチ(Byron Leftwich、マーシャル大)を、そしてパンサーズはOLジョードン・グロス(Jordon Gross、ユタ大)を急遽選択。そしてようやくバイキングスに選択権が回ってきましたが(総合9番目)、彼らはDLケヴィン・ウィリアムス(Kevin Williams、オクラホマ州立大)を指名。結果的にウィリアムスはチームに貢献するようないい選手に成長してくれましたが、第1巡目の指名権を「放棄」したことはバイキングスにとっては汚点となってしまいました。

また同じことが2011年にも起きています。今度はレイブンズがカンザスシティーチーフスとトレードの交渉をしていましたが、上記のように時間内に交渉をまとめられず、レイブンズが指名権をパスする事態に陥りました。

時間切れ?

たった今紹介した通り、2003年のバイキングスのドラフトは第1巡目からドタバタ劇となってしまいましたが、実はその前年の2002年にもドラフト第1巡目を巡っていざこざに巻き込まれています。

この年の第1巡目、第6番目の指名権を持っていたダラスカウボーイズは、第6番目と8番目の指名権をカンザスシティチーフスとトレードする話を行なっていました。しかし交渉話がこじれ、話がまとまった時にはすでに時間オーバーになったと誰もが思いました。そしてそれを見たバイキングスはすぐさまDLライアン・シムス(Ryan Sims、ノースカロライナ大)を指名しますが、ドラフト運営側はカウボーイズとチーフスのトレードは時間内に成立していたとして、結局バイキングスはシムスをチーフスにかすめ取られてしまったのです。

仕方なくバイキングスはマイアミ大出身のブライアント・マッキンニー(Bryant McKinnie)を指名しますが、このマッキンニー、契約を結ぶまで時間がかかりようやくサインしたのはシーズンもすでに始まった10月半ばでした。

喋れないQB?

1950年代クリーブランドブラウンズで活躍していたQBオットー・グラハム(Otto Graham、ノースウエスタン大)でしたが、年齢には勝てず徐々にそのパフォーマンスが低下。それを見たチームは1954年のドラフトでスタンフォード大のスターQBボビー・ギャレット(Bobby Garrett)に目をつけました。

しかしその当時スカウティングは発展しておらず、噂だけでギャレットをドラフトしたブラウンズは実際にプレーする彼を見て驚愕するのです。

ボールも投げられる。走ることもできる。しかし彼はオフェンスの指揮官として不可欠な「プレーを選手に伝える」ということができなかったのです。なぜなら彼はどもりながら喋るという癖があったからです。

ハドルでプレーをチームメイトに伝えたり、スナップ前にプレーをオーディブルで変更したりする時、QBは当然プレーを他の選手に喋って教えなければなりません。しかしどもって何を言っているかわからないギャレットはチームで使えないことをブラウンズはすぐさま察知。その事を何も知らないグリーンベイパッカーズに1対6のトレードでギャレットをパッカーズに送ってしまいました。

ドラフトが始まって80年ほど経ちましたが、これだけ長い間ドラフトが行われてくれば、時に珍事も起きるものです。ここではこれまでのドラフトで起きたちょっと変わった逸話を紹介したいと思います。

結局ギャレットはNFLで9試合しか出場することができませんでしたが、トレードで彼を獲得したグリーンベイもきっと相当驚いた事でしょう。