2018年度NFLドラフトで注目の選手たち【LB編】

ロクアン・スミス(Roquan Smith、ジョージア大)

Embed from Getty Images

即戦力と期待されているロクアン・スミス。LBとしては少々小柄(と言っても185cmに100kgはあるのですが)スピードとフットボールIQに長けた選手。

ポジションタックル数サック数TFL
20171376.514.0
2016950.05.0
2015200.01.5
キャリア2526.520.5

キャリアハイライト動画

トレメイン・エドモンズ(Tremaine Edmunds、バージニア工科大)

Embed from Getty Images

長身(198cm)ながら優れた爆発力をもつバージニア工科大出身のエドモンズ。パスラッシュ能力は並だと言われていますが、その運動能力を活かしたカバー力は魅力です。

シーズンタックル数サック数TFL
20171085.514.0
2016944.516.5
2015110.02.5
キャリア21310.033.0

キャリアハイライト動画

レイトン・ヴァンダー・エッシュ(Leighton Vander Esch、ボイジー州立大)

Embed from Getty Images

先発出場経験は3年生だった2017年度シーズンのみですが、脅威の141タックルを記録。タックルのテクニックにやや難ありということですが、それでもこれだけの数のタックルを記録できたのはひとえに彼の運動能力の高さがあったからでしょう。

シーズンタックル数サック数TFL
20171414.08.5
2016271.03.5
2015200.01.0
キャリア1885.013.0

キャリアハイライト動画

ハロルド・ランドリー(Harold Landry、ボストンカレッジ)

Embed from Getty Images

大学時代はDLの一員としてボストンカレッジで活躍したハロルド・ランドリーですが、プロではLBにコンバートされると言われています。昨年はシーズン途中で足首に怪我を追って戦線離脱しましたが、彼のパスラッシャーとしてのスピードには目を見張る物があります。

ポジションタックル数サック数TFL
2017385.08.5
20165016.522.0
2015603.516.0
2014100.01.5
キャリア15825.048.0

キャリアハイライト動画

ラシャーン・イヴァンズ(Rashaan Evans、アラバマ大)

Embed from Getty Images

毎年プロ級のディフェンダーを輩出し続けるアラバマ大で過去2年間先発を務め、昨年の全米制覇に大きく貢献したラシャーン・イヴァンズ。パスラッシュからパスカベレージまでなんでもこなせるイヴァンズはきっとプロでも重宝されるでしょう。

シーズンタックル数サック数TFL
2017746.013.5
2016524.04.5
2015104.04.0
2014141.01.0
キャリア15015.023.5

キャリアハイライト動画

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

NFL DRAFT 
ドラフトの基礎知識!

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト
Search
記事
2019
アーカイブ
基礎知識
NFL Draft
About
カレッジフットボール記事

アメリカの大学アメリカンフットボール(カレッジフットボール)ファンサイト「Any Given Saturday」にお越しいただき有り難うございます。

このサイトはカレッジフットボールにハマってしまった、米在住のいちファンによって運営されております。

続きはこちらへ