アリゾナ州立大、相手チームのシグナルを盗む?

アリゾナ州立大が相手チームのシグナルを盗んでいるという訴えが2週連続にわたり寄せられました。

2週間前ユタ大はアリゾナ州立大と対戦しましたが、その試合の第4Qに急遽ハドル(スナップ前に選手が円陣を組む事)することにしたと言います。なぜならユタ大の選手とコーチ陣はアリゾナ州立大がサイドラインからのシグナルを解読したと感じただからだそうです。実際ユタ大ヘッドコーチ、カイル・ウィッティンガム(Kyle Whittingham)はパスプレーをする時にアリゾナ州立大のコーチがディフェンスにパスを投げる仕草をして相手の攻撃を先読みして伝達していた様に見えたと言っています。

その前例もあり、先週のオレゴン大はシグナルを盗み見されないようにシグナルコーラーの周りをカーテンで囲むという作戦を実行。試合は3回のオーバータイムの末オレゴン大が61対56で競り勝ちました。

asu-curtain

レギュラーシーズン後のボウルゲーム出場を目指しあと2勝しておきたいアリゾナ州立大は今週ワシントン州立大で試合があります。そのワシントン州立大のヘッドコーチ、マイク・リーチ(Mike Leach)はアリゾナ州立大の一連の行動は調査されるべきだと言っています。アリゾナ州立大は一貫として何も悪いことはしていないと主張しています。