ミシガン大ファンがミシガン州立大のマジック・ジョンソン像に落書き

ミシガン州立大バスケットボール部出身でNBAの殿堂入りプレーヤーである、マジック・ジョンソン(Magic Johnson)氏の銅像が、ミシガン大の心無いファンによって落書きの被害を受けました。今週末行われる両チームとの試合の前座とも言えるファンの行き過ぎた行動にミシガン州立大のファンや卒業生だけでなく、ミシガン大側からの批判の声が上がってます。

ミシガン州立大があるイーストランシングのキャンパス内、バスケットボールアリーナの目の前にそびえ立つこの銅像に、ミシガン大のカラーである黄色(Maze)で胸にミシガン大の「M」、そして台座に「BEAT STATE(ミシガン州立大をやっつけろ)」とスプレーでペイントされているのが見つかり、ミシガン州立大はすぐさまこの落書きを消す作業に追われました。

ちなみにミシガン大キャンパスではこの報復行動を阻止するために生徒たちがキャンパスのシンボルでもある「M」を模ったプレートを夜通しガードしている模様です。

ライバル同士とはいえこの幼稚な落書き合戦にはちょっと呆れてしまいます。

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+