「The Facebook Guy」がやってきた!

フェイスブックの創設者であるマーク・ザッカーバーグ(Mark Zuckerberg)氏は現在アメリカ全州を行脚中ですが、今回アラバマ州に足を踏み入れたザッカーバーグ氏と彼の奥様はアラバマ大があるタスカルーサに立ち寄りフットボール部を表敬訪問したそうです。

カレッジフットボール界・ソーシャルメディア界の双頭龍

「たった今私はマーク・ザッカーバーグの訪問を受けてきました。あの『フェイスブックの人(The Facebook Guy)』です。私たちはリーダーシップとは何か、そしてどうやったら人々に良い影響を与えることが出来るかを話し合いました。」とニック・セイバン(Nick Saban)監督は話しました。

フェイスブックで起業し今では全世界で知らない人はいない企業にまで発展した会社のリーダーとなったザッカーバーグ氏と、カレッジフットボール界でも随一のリーダーシップを誇るセイバン氏。どちらも互いの分野のことはおそらく全くわからないことでしょうが、それぞれの世界の最前線で活躍する人物同士の会話はたいへん興味深いものになったことでしょう。

「彼(ザッカーバーグ氏)はアラバマ州がスポーツに多くのサポートをかけることが非常にユニークであり、そのことが競技や自らが信じることまたは情熱を通して人々に希望を与えてくれる貴重なチャンスとなっていると分析していましたが、この点は非常に興味深いと思いましたね。」とセイバン氏はザッカーバーグ氏との会話の感想を述べていました。

セイバン監督とザッカーバーグ夫妻

ザッカーバーグ氏はセイバン監督とのミーティング後に以下のようにソーシャルメディア(もちろんフェイスブックです)で紹介しました。

「この度アラバマ大学に訪れセイバン監督を訪問しました。我々はトップクラスのフットボールチームを育て上げるにはどうしたらいいかを話し合いました。常勝チームを作り上げることと優良企業を作り上げることにおいて多くの共通点を見いだすことができました。それはリクルーティング(選手や雇用者)に時間をかけること、タレントを育て上げること、そして目標を高く設定することなどです。」

この後ザッカーバーグ氏はアラバマ大の選手たちとも会い意見交換したということ。セイバン監督よりも選手たちのほうがザッカーバーグ氏を「あのフェイスブックのCEO」と半ばセレブリティーに会うかのごとく興奮していたようです。

ザッカーバーグ夫妻は選手とも意見を交わす時間を設けました

現在ザッカーバーグ氏はこれまで彼の人生で行ったことのない場所へ訪れるというプロジェクトの真っ最中。その一番最初の場所に選んだのがアラバマ州にあるアラバマ大だったそうです。IT業界のトップも気になるアラバマ大フットボール部ということです。