目が見えなくたって!

昨シーズンにちょっと話題になったのはサザンカリフォルニア大所属で盲目のスナッパー、ジェイク・オルソン(Jake Olson)の存在です。小さい頃から目の病気を患っていたオルソンは大のサザンカリフォルニア大ファンでした。そんな彼はかつてピート・キャロル(Peter Carroll、現シアトルシーホークス監督)氏が監督を務めていた時にチームに招待されたこともありました。一方で目の病気はどんどんオルソンを蝕み、結果的に盲目(法定盲目)となってしまったのですが、彼はサザンカリフォルニア大でフットボールチームのユニフォームを切る夢を諦めず、努力の末にスナッパーとして入部が叶ったのです。しかも昨年は対戦相手の協力もあり実際に試合にも登場。完璧なスナップを放ち見事に実践で結果を出し、昨シーズンのカレッジフットボールにおいて勝ち負けとはまた違った面でカレッジフットボールの素晴らしさを教えてくれました。

【関連記事】エクストラポイント【第1週目】

【関連記事】エクストラポイント【第6週目】

しかしオルソンの挑戦はここで終わらなかったのです!

ゴルフボールを打つことだってできます!

そしてボールを投げることだって!

サザンカリフォルニア大はスターQBサム・ダーノルド(Sam Darnold)がNFL早期ドラフト入りを表明したため、今のところ先発の椅子が空いていますが、その先発争いにオルソン自身が名乗りを上げています(笑)。

流石にボールをキャッチするのは難しいでしょうが、ボールを蹴るのはできるかもしれませんから、次のオルソンの挑戦はキッカーになることかも?!どちらにしてもカレッジフットボールが勝負だけでないことを再度教えてくれる、心温まる話ですよね。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ