元カレッジフットボーラーがオリンピックに出場!

かつてミシガン大サム・マクガフィ(Sam McGuffie)というRBがいました。高校時代に1シーズン3121ランヤードに44TDという凄い数字を叩き出し鳴り物入りでミシガン大へ入学。当時のミシガン大はリッチ・ロドリゲス(Rich Rodriguez)氏に率いられていましたが、1年生だった2008年度シーズンこそ486ヤードに3TDという記録を残しましたが、期待に応えられるような働きを見せることができずに故郷のテキサス州にあるライス大へ転校。しかしそこでも大した活躍をすることができず、2012年度を最後にひっそりとフットボールキャリアを終えたのでした。

が、彼のアスリートとしての道は終わってなかったのです。

2015年にはアメリカの三大ネットワークの1つであるNBCで放送されていた、様々な障害物コースを自らの肉体だけで超えていくアメリカ版「サスケ」とも言える「American Ninja Warrior」 に出場。

そしてさらなる挑戦を求めたマクガフィ氏はウィンタースポーツの一つであるボブスレーに目をつけます。すると思いの外これが彼にはピッタリあっていたようでメキメキと頭角を現すようになります。

そしてついに来月韓国で行われる平昌冬季オリンピックのボブスレー米国代表に選ばれたのです!

フットボール選手としては残念ながら成功しませんでしたがボブスレー選手としてアメリカ代表まで上り詰めたマクガフィ氏。是非オリンピックでいい結果を残してほしいものです。

ところでフットボールとボブスレーといえば元ジョージア大RBで1982年にハイズマントロフィーを受賞し、その後NFLでも活躍したハーシェル・ウォーカー(Herschel Walker)氏を思い出す方もいるのではないでしょうか?ウォーカー氏もまだフットボール選手として現役だった1992年に行われたアルベールビル冬季オリンピックにアメリカ代表ボブスレー選手として出場したのです。

さらにオリンピックということだけで言えば、最近ではオレゴン大の元WRでハードル選手でもあるデヴォン・アレン(Devon Allen)がリオ五輪のアメリカ代表に選ばれてもいます。また2002年と2003年にコロラド大のWR兼リターナーとして活躍し、NFLピッツバーグスティーラーズにドラフトでも指名されたジェレミー・ブルーム(Jeremy Bloom)氏はスキーのフリースタイルの選手としてオリンピックに2度出場し、W杯でも11個もの金メダルを獲得するなど二足の草鞋履きとしては最高峰の結果を残しています。

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+