サウスイースタンカンファレンス

概要

通称/呼称:SEC(エスイーシー)
創設:1932年

アメリカ南東部に位置するカンファレンス。 日本では「セック」と呼ばれてるみたいですが・・・。アメリカ南部の泥臭いフットボールを支えてきた由緒あるカンファレンス。ここにもたくさんの強豪チームがひしめいています。またSECはディビジョン1部で初のカンファレンスタイトルゲームを開催(1992年)したカンファレンスとしても知られています。

SEC所属チームの分布図

所属チーム

西地区(West Division)
アラバマ大
アーカンソー大
アーバン大
ルイジアナ州立大
ミシシッピ大
ミシシッピ州立大
テキサスA&M大
東地区(East Division)
フロリダ大
ジョージア大
ケンタッキー大
ミズーリ大
サウスカロライナ大
テネシー大
ヴァンダービルト大

加盟チーム遍歴

1932年:13チーム

カレッジフットボール創成期、アメリカ南部で発足したサザンカンファレンス(SoCon)は当時絶大なパワーを誇るカンファレンスでしたが、そのSoConからアパラチアン山脈より南側と西側にあったアラバマ大アーバン大ジョージア大ジョージア工科大フロリダ大ケンタッキー大ルイジアナ州立大ミシシッピ大ミシシッピ州立大スワニー(南部大/The University of the South)、テネシー大トゥレーン大ヴァンダービルト大の13校が独立して新たなカンファレンスを設立。それがサウスイースタンカンファレンスでした。

1940年:12チーム

SEC発足以来37連敗で一度もカンファレンス内で勝ち星を挙げることが出来なかったスワニーが遂にSECを脱退。

1964年:11チーム

ジョージア工科大が脱退し、どのカンファレンスにも属さない独立校に。

1966年:10チーム

ジョージア工科大と同じくトゥレーン大もSECを去り独立校に。加盟チーム数は10となる。

1991年:12チーム

サウスウエストカンファレンス(SWC)からアーカンソー大を、メトロカンファレンスからサウスカロライナ大を招聘しSECは12チームカンファレンスに成長。これに伴いSECは二地区制を導入。東地区と西地区に12チームを二分し、1992年にはカンファレンス優勝決定戦を開催することになりました。因みに栄えある初代カンファレンスタイトルゲーム勝者はフロリダ大を倒したアラバマ大でした。アラバマ大はそのまま全米1位のマイアミ大を倒し全米制覇も果たしたのです。

2012年:14チーム

Big Ten、Pac-12、ACCが所属チームを増加し規模を拡大させる中、既にカレッジフットボール界において王者の風格が漂っていたSECですらこの時代の流れには逆らえず、Big 12からミズーリ大テキサスA&M大を受け入れます。これで所属チームは合計14チームとなりました。

SEC出身のナショナルチャンピオン

 アラバマ大16回(1925、1926、1930、1934、1941、1961、1964、1965、1973、1978、1979、1992、2009、2011、2012、2015)
 テネシー大6回(1938、1940、1950、1951、1967、1998)
 フロリダ大3回(1996、2006、2008)
 ルイジアナ州立大3回(1958、2003、2007)
 ミシシッピ大3回(1959、1960、1962)
 アーバン大2回(1957、2011)
 ジョージア大2回(1942、1980)
 ジョージア工科大1回(1952)
 ケンタッキー大1回(1950)
*SECチームとしての全米優勝チーム。テキサスA&M大、アーカンソー大はSEC加入前にナショナルチャンピオンに輝いた過去あり。

最近10年間のSECチャンピオン

 2016年 アラバマ大
 2015年 アラバマ大
 2014年 アラバマ大
 2013年 アーバン大
 2012年 アラバマ大
 2011年 ルイジアナ州立大
 2010年 アーバン大
 2009年 アラバマ大
 2008年 フロリダ大
 2007年 ルイジアナ州立大

カンファレンスへ戻る

カレッジフットボールの基礎知識!へ戻る