Pac-12カンファレンス

概要

通称:Pac-12(パックトゥエルブ)
創設:1915年

アメリカ西海岸に存在するカンファレンス。土地柄なのか賢い大学が多いです。このカンファレンスも他のパワー5カンファレンスに勝るとも劣らぬ強豪チーム揃い。日本におけるカレッジフットボールの放映はPac-12の割合が多いらしいので日本のファンの方にはなじみが深いチームも多いのではないでしょうか?

Pac-12所属チームの分布図

所属チーム

北地区(North Division)
カリフォルニア大
オレゴン大
オレゴン州立大
スタンフォード大
ワシントン大
ワシントン州立大
南地区(South Division)
アリゾナ大
アリゾナ州立大
コロラド大
ユタ大
UCLA
サザンカリフォルニア大

加盟チーム遍歴

1915年:4チーム

現在のPac-12という名を冠するまでこのカンファレンスは何度か名前を変えていますが、オリジナルは1915年にカリフォルニア大オレゴン大オレゴン州立大(当時はオレゴン農業カレッジ)、ワシントン大の4校が集まってパシフィックコーストカンファレンスを発足。

1917年:5チーム

ワシントン州立大が加入。

1918年:6チーム

ワシントン州立大に続き西の名門・スタンフォード大もパシフィックコーストカンファレンスに合流。

1922年:8チーム

さらにサザンカリフォルニア大アイダホ大も参戦して合計8チームに。

1924年:9チーム

モンタナ大が加入。

1928年:10チーム

UCLAが加入。10チームに。

1950年:9チーム

モンタナ大が脱退。30年以上ぶりに9チームに減少。

1959年:5チーム

1956年にカリフォルニア大サザンカリフォルニア大UCLAワシントン大が選手に金銭を授与していたというスキャンダルが明るみになり、その調査の結果1959年にパシフィックコーストカンファレンスは消滅してしまいます。これに先駆けてこの4チームにスタンフォード大を加えた5チームが新たなカンファレンスを立ち上げることを画策。結果1959年にAAWU(Athletic Association of Western Universities)をこの5チームで結成。当時はBig Fiveと呼ばれるようになりました。

1962年:6チーム

元パシフィックコーストカンファレンスのメンバー、ワシントン州立大がAAWUに合流。通称もBig Sixに変更されることになりました。

1978年:10チーム

ウエスタンアスレティッックカンファレンス(WAC)からアリゾナ大アリゾナ州立大が加入。これで所属チーム数が10となり、それに伴いカンファレンス名もPac-10に。

2011年:12チーム

Pac-10として30年以上がたった2011年、全米に吹き荒れるカンファレンス拡張の動きに 押されるようにしてBig 12からコロラド大、WACからユタ大を取り込み現行の12チームに。これによりカンファレンスは二地区制を採用し、北地区と南地区に二分されシーズン最後にカンファレンス優勝決定戦を行うようになりました。

Pac-12出身のナショナルチャンピオン

 サザンカリフォルニア大11回(1928、1931、1932、1939、1962、1967、1972、1974、1978、2003、2004)
 カリフォルニア大5回(1920、1921、1922、1923、1937)
 アリゾナ州立大2回(1970、1975)
 スタンフォード2回(1926、1940)
 ワシントン大2回(1957、2011)
 UCLA1回(1954)
*Pac-12チームとしての全米優勝チーム。コロラド大はPac-12加入以前にナショナルチャンピオンに輝いた過去あり。

最近10年間のPac-12チャンピオン

 2016年 ワシントン大
 2015年 スタンフォード大
 2014年 オレゴン大
 2013年 スタンフォード大
 2012年 スタンフォード大
 2011年 オレゴン大
 2010年 オレゴン大
 2009年 オレゴン大
 2008年 サザンカリフォルニア大
 2007年 サザンカリフォルニア大
 アリゾナ州立大

カンファレンスへ戻る

カレッジフットボールの基礎知識!へ戻る