Big 12カンファレンス

概要

通称:Big 12(ビッグトゥエルブ)
創設:1996年

テキサスから上の中央部に広がるカンファレンス。オクラホマ大、オクラホマ州立大、テキサス大といった歴史あるチームが所属しています。このカンファレンスのフットボールにかける意気込みは半端ではありません。この地域に生まれてフットボールをしないのは男ではないというほど。近年カンファレンス拡張に伴い地域性を越えてウエストバージニア大を傘下に入れるなどそのテリトリーを広げています。

Big 12所属チームの分布図

所属チーム

所属チーム
ベイラー大
アイオワ州立大
カンザス大
カンザス州立大
オクラホマ大
オクラホマ州立大
テキサスクリスチャン大
テキサス大
テキサス工科大
ウエストバージニア大

加盟チーム遍歴

1996年:12チーム

主にテキサス州を中心とした大学の集まりであるサウスウエストカンファレンス出身のベイラー大テキサス大テキサスA&M大テキサス工科大とBig 8カンファレンス出身のコロラド大アイオワ州立大カンザス大カンザス州立大ミズーリ大ネブラスカ大オクラホマ大オクラホマ州立大がそれぞれのカンファレンス消滅に伴い合併して新たに立ち上げたのがBig 12カンファレンスでした。土台は実質Big 8ですが、Big 12は自身を全く新しいカンファレンスだとしてBig 8の後継カンファレンスという意識はないようです。

2011年:10チーム

コロラド大がPac-12、ネブラスカ大がBig Tenへとそれぞれ編入する為にBig 12を脱退。チーム数は10に減少となりましたが、Big 12という名前は継承。。

2012年:10チーム

さらにミズーリ大テキサスA&M大が相次いでSECに参加する為にBig 12を去ることに。その代わりに元サウスウエストカンファレンスのテキサスクリスチャン大と遠く東からウエストバージニア大を招聘。チーム数10を確保しました。しかしこの2年間で4つの強豪チームを失ったことはBig 12にとっては非常に痛手となったのでした。

Big 12出身のナショナルチャンピオン

 オクラホマ大1回(2000)
 テキサス大1回(2005)
*Big 12チームとしての全米優勝チーム。オクラホマ大は合計7度、テキサス大は合計4度、その他にもTCU、オクラホマ州立大がBig 12加入以前にナショナルチャンピオンに輝いた過去あり。

最近10年間のBig 12チャンピオン

 2016年 オクラホマ大
 2015年 オクラホマ大
 2014年 ベイラー大
 テキサスクリスチャン大
 2013年 ベイラー大
 2012年 カンザス州立大
 オクラホマ大
 2011年 オクラホマ州立大
 2010年 オクラホマ大
 2009年 テキサス大
 2008年 オクラホマ大
 2007年 オクラホマ大

カンファレンスへ戻る

カレッジフットボールの基礎知識!へ戻る