アトランティックコーストカンファレンス

概要

通称:ACC(エーシーシー)
創設:1953年

大西洋(アトランティックコースト)に面するアメリカ東海岸沿い、マサチューセッツからフロリダまでの長いエリアに延びるカンファレンス。従来このカンファレンスはバスケットボールが盛んなカンファレンスとされていましたが、フットボールのレベルも負けじと劣りません。特に90年代はフロリダ州立大がカンファレンス内で他のチームを圧倒。2004年から2005年にかけてBig Eastからマイアミ大、バージニア工科大、ボストンカレッジを迎え入れ、その後もルイビル大やピッツバーグ大を加え、いよいよフットボール超大リーグとなりました。

ACC所属チームの分布図

所属チーム

アトランティック地区
アトランティック地区
ボストンカレッジ
クレムソン大
フロリダ州立大
ルイビル大
ノースカロライナ州立大
シラキュース大
ウェイクフォレスト大
コースタル地区
アトランティック地区
ボストンカレッジ
クレムソン大
フロリダ州立大
ルイビル大
ノースカロライナ州立大
シラキュース大
ウェイクフォレスト大

加盟チーム遍歴

1953年:8チーム

アメリカ南部を主戦場とするチームの集まりであるサザンカンファレンス(SoCon)からクレムソン大、デューク大、メリーランド大、ノースカロライナ大、ノースカロライナ州立大、サウスカロライナ大が相次いで脱退してACCを設立。そこにバージニア大とウェイクフォレスト大が加わって8チームでカンファレンスをスタートさせます。

1971年:7チーム

サウスカロライナ大がACCから脱退して独立校に。

1978年:8チーム

メトロカンファレンスからジョージア工科大が参入。

1991年:9チーム

同じくメトロカンファレンスからフロリダ州立大が加入。これはおそらくACCの歴史でももっとも重要な出来事だったと言えます。それまでフットボールカンファレンスとしては鳴かず飛ばずだったACCでしたが、フロリダ州立大が加入したことで90年代は彼らがカンファレンスを圧巻することでACCの知名度が上がることに繋がったからです。フロリダ州立大は1998年から2000年までの3年間連続でナショナルチャンピオンを決めるBCS(ボウルチャンピオンシップシリーズ)タイトルゲームに出場(1999年には優勝)しました。

2004年:11チーム

当時Big Eastカンファレンスで1、2を争うほどの強豪チームだったマイアミ大とバージニア工科大がACCに電撃移籍。それまでACCはフロリダ州立大一辺倒でしたが、この2チームの加入で同カンファレンスのレベルがぐっと上がることになりました。

2005年:12チーム

Big Eastカンファレンスから今度はボストンカレッジが参入。これでACCは12チームとなり、NCAAの定める基準を満たしたため2地区制の施行、及びカンファレンスタイトルゲーム開催が可能となりました。

2011年:14チーム

Big Eastカンファレンスからの流出はさらに続き、この年シラキュース大とピッツバーグ大がACCに移ってきます。これでACCは合計14チームとなり、これは当時のメジャーカンファレンスでは最多チーム数となりました。

2014年:14チーム

ACC創設時のオリジナルメンバーであるメリーランド大がBig Tenカンファレンスへ移籍。その埋め合わせとしてルイビル大がBig Eastカンファレンスからやってきました。

ACC出身のナショナルチャンピオン

 クレムソン大2回(1981年、2016年)
 フロリダ州立大3回(1993年、1999年、2013年)
 ジョージア工科大1回(1990年)
 メリーランド大1回(1953年)
*ACCチームとしての全米優勝チーム。マイアミ大、ピッツバーグ大、シラキュース大はACC加入以前にナショナルチャンピオンに輝いた過去あり。

最近10年間のACCチャンピオン

2016年 クレムソン大
2015年 クレムソン大
2014年 フロリダ州立大
2013年 フロリダ州立大
2012年 フロリダ州立大
2011年 クレムソン大
2010年 バージニア工科大
2009年 ジョージア工科大(注)
2008年 バージニア工科大
2007年 バージニア工科大
(注)NCAA規則違反のため2011年にタイトル抹消

カンファレンスへ戻る

カレッジフットボールの基礎知識!へ戻る