2015レギュラーシーズン

ハイズマントロフィーの栄冠は誰の手に?!

カレッジフットボール界において最高峰のアワードであるハイズマントロフィー。その年のベストプレーヤーに贈られるこの賞はカレッジフットボールに勤しむものであれば誰でも欲しいものであり、だからといって誰でも手に入れられるようなものでもありません。そんな名誉あるアワード、今年最終候補者に選ばれた選手たちは1

Read More »

プレーオフへの道〜最終回〜

レギュラーシーズンも今週末の伝統の一戦、陸軍士官学校(アーミー)対 海軍士官学校(ネイビー)を残すだけとなりました。それに先立ち12月6日(日曜日)にいよいよプレーオフ進出4チームを決めるカレッジフットボールプレーオフ(CFP)ランキングのファイナルランキングが発表されました。 クレムソン大(13勝

Read More »

Championship Saturday 〜第14週目レビュー〜

アラバマ大29、フロリダ大15(SECチャンピオンシップ) ディフェンスとディフェンスがぶつかり合ったこのマッチアップ。第1Qはアラバマ大のセーフティーのみの2対0とまるでサッカーゲームのようなスコアリングでした。前半はアラバマ大が攻撃のテンポをつかむのに手間取り、その間にフロリダ大はパントリータン

Read More »

第14週目の見どころ

いよいよ今季のカレッジフットボールシーズンも大詰めを迎えます。日曜日にはCFPのファイナルランキングが発表されプレーオフに出場する4チームが選出されます。その4つの椅子を争うチーム達が最後のアピールのため全力でこの週末に挑みます。

Read More »

プレーオフへの道〜その6〜

今週末は各カンファレンスで優勝決定戦が行われたりと、いよいよシーズンも大詰め。最新のCFPランキングを見る限りでは大筋が大分見えてきました。日曜日にはついに運命を決める最終ランキングが発表となります。それを前にどのチームにどれだけのチャンスがあるのか見てみたいと思います。     確率 残りの試合

Read More »

最新ランキングを分析〜第14週目〜

12月1日火曜日夜、第5回目のCFPランキングが発表されました。いよいよ来週ファイナルランキングが発表されると言うこともあり、今回のランキングからどのように順位が変動するか大変注目されます。 上位5位(クレムソン大、アラバマ大、オクラホマ大、アイオワ大、ミシガン州立大)は順位変わらず。この5チーム中

Read More »

Elimination Saturday 〜第13週目レビュー〜(追記あり)

スタンフォード大38、ノートルダム大36 スタンフォード大4年生QBケヴィン・ホーガン(Kevin Hogan)はこの試合がスタンフォードスタジアムでの最後のゲームとなりましたが、最後の最後に彼のベストパフォーマンスを披露してくれました。4TDを含む269ヤードのパスを投げましたが、彼の一番の見せ場

Read More »

第13週目の見どころ

ベイラー大(7位)対 テキサスクリスチャン大(15位) 昨シーズン、この両チームはBig 12カンファレンスのタイトルをシェアしましたが、どちらもプレーオフ進出から漏れた過去があります。故に今年の開幕時には今年こそこの試合の勝者がプレーオフに進出となると期待されました。しかし蓋を開けてみれば両チーム

Read More »

プレーオフへの道〜その5〜

11月24日火曜日夜、今季3回目のCFPランキングが発表されました。先週はいくつかのランクチームに黒星が付いたため、順位に多少の変化が見られます。リストの詳細はこちらを見て頂くとして、AGS独自の分析の上トップ4に食い込むチームを独断の確率を交えて見てみます。     確率 残りの試合 クレムソン大

Read More »

最新ランキングを分析〜第13週目〜

11月24日火曜日夜、今季第4度目となるカレッジフットボールプレーオフ(CFP)ランキングが発表されました。最終ランキングが発表されるまであと2週間。上位4チームがナショナルタイトルをかけてプレーオフに進出出来る訳ですが、ランクされたチームは合計で25位でも実際にチャンスがあるチームは数チーム。その

Read More »

Decisive Saturday 〜第12週目レビュー〜

ミシガン州立大17、オハイオ州立大14 これまで見るものを唸らせるような試合や、際立つような勝利を挙げてはこなかったもののトップランクを維持して来たオハイオ州立大(OSU)。ディフェンディングチャンピオンでもあるOSUはようやく真の強者と呼べるミシガン州立大と対戦しましたが、試合開始から終了までミシ

Read More »

第12週目の見どころ

ミシガン州立大(CFP9位)対 オハイオ州立大(CFP3位) 前年度の覇者オハイオ州立大は現在23連勝中。しかしその道は決して常にスムースではなく、格下相手に苦戦することも見られました。実はオハイオ州立大は今季まだランクチームとの対戦がなく、このミシガン州立大とのゲームが初のランクチームとのものとな

Read More »

プレーオフへの道〜その4〜

昨夜火曜日夜、今季3回目のCFPランキングが発表されました。先週はいくつかのランクチームに黒星が付いたため、順位に多少の変化が見られます。リストの詳細はこちらを見て頂くとして、AGS独自の分析の上トップ4に食い込むチームを独断の確率を交えて見てみます。     確率 残りの試合 クレムソン大  85

Read More »

Survival Saturday 〜第11週目レビュー〜

オクラホマ大44、ベイラー大34 Big 12カンファレンスタイトルだけでなくプレーオフ進出に向けても非常に重要なマッチアップとなったこの試合。CFPランキング8位のオクラホマ大が同6位のベイラー大に競り勝ち、ベイラー大に今季初めて土をつけました。またこの敗戦でベイラー大が記録して来たホーム戦連勝記

Read More »

カンファレンスチャンプへの道〜その2〜

アトランティックコーストカンファレンス(ACC) アトランティック地区 先週見事フロリダ州立大を破りクレムソン大が早くもアトランティック地区を制覇。 コースタル地区 コースタル地区はノースカロライナ大がカンファレンス内で無敗、それをピッツバーグ大が1敗で負います。ノースカロライナ大はピッツバーグ大と

Read More »

プレーオフへの道〜その3〜

現地時間火曜日夜、今季第2回目となるカレッジフットボールプレーオフ(CFP)ランキングが発表されました。今週はどの4チームが占めたでしょうか?詳しいランキングはこちらでチェックしてもらうとして、ここではAGS独断の確率順にチームを見ていきましょう。

Read More »

カンファレンスチャンプへの道 〜その1〜

アトランティックコーストカンファレンス(ACC) アトランティック地区 現在アトランティック地区代表にもっとも近いのはクレムソン大。クレムソン大は今週のフロリダ州立大戦に勝てば自動的にアトランティック地区代表としてコースタル地区代表とのタイトルゲームに出場です。 コースタル地区 コースタル地区は長ら

Read More »