2015ボウルゲームプレビュー

ナショナルチャンピオンシップ展望:総括

#2 アラバマ大 クリムソンタイド 戦績:13-1 (8-1) SEC 1月11日午後8時半キックオフ(ET) #1 クレムソン大 タイガース 戦績:14-0 (9-0) ACC 平均ヤード 今季の記録 平均ヤード 219.4 (68th) パスオフェンス 283.4 (26th) 204.4 (2

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ④

全勝で全米1位なのにアンダードッグなクレムソン大 クレムソン大はこれまで負けなしの14勝0敗で、このナショナルチャンピオンシップで勝利することが出来ればFBSチームで史上初の15勝0敗という記録を打ち立てることが出来ます。プレーオフランキングが発表されて以来彼らが常にナンバーワンにランクされ、またこ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ③

最強・アラバマ大は陥落するのか? セミファイナルとなったコットンボウルでは、万全のアラバマ大がどれだけのパワーを持っているかをまざまざと目の当たりにしました。見渡す限り、このチームに弱点など到底見つける事などで来ません。 何度も言うようですがアラバマ大ディフェンスは近代カレッジフットボールにおいてほ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ②

ファイティングスタイル チャンピオンシップゲームは時として、似通ったチーム同士の対決だとそれぞれのチームのスタイルがマッチアップ的に良くないと言うケースが見受けられます。例えばセミファイナルだったコットンボウルのアラバマ大対ミシガン州立大の一戦。この試合ではどちらもディフェンスが強みのチーム同士の戦

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:見どころ①

全米トップレベルのバトル CFPセミファイナルゲームは正直いって残念な結果に終わりました。クレムソン大はオクラホマ大を、アラバマ大はミシガン州立大をまったく寄せ付けず、内容としては面白みのないゲームとなってしまいました。そのせいもあり、これらセミファイナルゲームの視聴率は昨年のものより格段と低くなっ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:クレムソン大ディフェンス

ディフェンシブライン クレムソン大ディフェンシブラインの強さは相手のランアタックをスクリメージラインで止めることが出来る事です。また3rdダウンや4thダウンのショートヤード下では相手のコンバージョン率は44パーセントという数字もあります。これは全米でもトップ3の数字です。 DLを束ねるのはDEシャ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:クレムソン大オフェンス

クレムソン大オフェンスは基本的にスプレッドオフェンスを用い、それにQBとRBを併用したランアタックを混ぜてきます。アラバマ大が今季対峙して来た相手ではアーバン大によく似ていますが、クレムソン大のパスオフェンスの方が格段に正確です。全米11位となるトータルオフェンスが示すように、クレムソン大のバランス

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:アラバマ大オフェンス

アラバマ大のオフェンスはごく稀に「ハリーアップオフェンス」(ノーハドルのようなものです)を仕掛けてきますが、基本はランアタック重視のプロスタイルオフェンスです。もちろんそのランアタックを担うのはハイズマントロフィー受賞RBデリック・ヘンリー。しかしやはり見逃せないのはヘンリーに道を開けるアラバマ大オ

Read More »

ナショナルチャンピオンシップ展望:アラバマ大ディフェンス

今季のナショナルチャンピオンを決めるクレムソン大とアラバマ大との一大決戦をいよいよ3日後に控えました。ここからは時間が許す限りこの試合のプレビューをアップしたいと思います。 今回はアラバマ大のディフェンス陣を見てましょう。 このユニットはおそらく今季カレッジフットボール界で最強のユニットだと思います

Read More »

シトラスボウルプレビュー

ミシガン大ウルブリンズ(9勝3敗、6勝2敗 Big Ten) 昨シーズン、前ヘッドコーチ、ブレディ・ホーク氏に指揮されたミシガン大は非常に稀であるボウルゲーム出場を逃すと言う失態を犯してしまいました。今季新監督として就任したミシガン大出身のジム・ハーボー監督は初年度にも関わらず9勝3敗という嬉しいサ

Read More »

オレンジボウルプレビュー

オクラホマ大 スナーズ 戦績:11-1 (7-1) Big 12 12月31日午後4時キックオフ(ET) クレムソン大 タイガース 戦績:13-0 (9-0) ACC 平均ヤード 今季の記録 平均ヤード 307.9 (18th) パスオフェンス 288.5 (24th) 235.0 (21st) ラ

Read More »

コットンボウルプレビュー

ミシガン州立大 スパルタンズ 戦績:12-1 (8-1) Big Ten 12月31日午後8時キックオフ(ET) アラバマ大 クリムソンタイド 戦績:12-1 (8-1) SEC 平均ヤード 今季の記録 平均ヤード 236.1 (51st) パスオフェンス 214.3 (73rd) 160.7 (8

Read More »

ピーチボウルプレビュー

来年ピーチボウルはCFPの準決勝ゲームの1つとして開催される予定ですが、今年はお正月ボウルゲームたちの「前座」として大晦日にキックオフ。1968年以来40年近くピーチボウルという冠を被っていましたが、2006年にアメリカのファーストフードチェーン店「チックフィラ(Chick-Fil-A)」がスポンサ

Read More »

ホリデーボウルプレビュー

サザンカリフォルニア大トロジャンズ(8勝5敗、6勝3敗 Pac-12) サザンカリフォルニア大(USC)にとって今年は山あり谷ありなシーズンでした。開幕後3勝2敗と煮え切らないスタートとなっていたUSCはシーズン途中でヘッドコーチ、スティーブ・サーキジアン(Steve Sarkisian)を解雇。こ

Read More »

ラッセルアスレティックボウルプレビュー

ベイラー大ベアーズ(9勝3敗、6勝3敗 Big 12) ベイラー大の今年のシーズンほどジェットコースターのようなものはありません。シーズンが終わる数週間前までベイラー大はカンファレンスタイトル、およびプレーオフ進出を狙うチームとして挙げられていました。しかし不運な事にQBに次ぐQBが立て続けに怪我で

Read More »

アームドフォースボウルプレビュー

カリフォルニア大ゴールデンベアーズ(7勝5敗、4勝5敗 Pac-12) ヘッドコーチ、ソニー・ダイクス(Sonny Dykes)率いる今年のカリフォルニア大はアップダウンの激しいチームでした。開幕後5連勝を飾り全米ランキングにも顔を見せるなど好調な滑り出しでしたが、その後は7試合中2試合しか勝利を挙

Read More »

フォスターファームスボウルプレビュー

 サンフランシスコボウルとして2002年以来メジャーリーグのサンフランシスコジャイアンツの本拠地であるAT&Tパークで開催されてきたこのボウルゲームは名前を何度か変え、昨年フォスターファームスボウルとしてNFLサンフランシスコ49ersのリーバイススタジアムで行われるようになりました。 昨年

Read More »

サンボウルプレビュー

今年で82回目を迎える歴史あるサンボウル。オレンジボウルとシュガーボウルはサンボウルと同年に創設され(1935)、唯一サンボウルよりも古いボウルゲームは1902年に始まったローズボウルのみです。そんなサンボウルはこれまでBig TenカンファレンスチームとBig 12カンファレンスチームが相まみえる

Read More »

ゴーダディボウルプレビュー

元々モービルアラバマボウルとして開催されたこのボウルゲームはGMACボウルとして10年間運営された後現在のゴーダディボウルという名に落ち着きました。昨年度のマッチアップはトレド大対アーカンソー州立大でしたが、双方が点を取り合い結局63対44でトレド大が勝ち、両チーム合計107という点の取り合いを演じ

Read More »

ポインセティアボウルプレビュー

ボイジー州立大ブロンコス(8勝4敗、5勝3敗 MWC) シーズン残り2試合を残してマウンテンウエストカンファレンスの優勝候補一番手として名乗りを上げていたボイジー州立大でしたがそこからニューメキシコ大と空軍士官学校に2連敗しタイトルゲームは愚か山岳地区を勝ち抜く事すら出来ませんでした。彼らの残した8

Read More »