考察

各年代のベストチームランキングトップ10:2000年代

2000年代 Embed from Getty Images カレッジフットボール史上最高のゲームの一つとされる、2005年度のBCSナショナルチャンピオンシップゲーム(テキサス大 vs USC) 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 テキサス大 85.2%(110勝19敗) 2 オクラホマ大 82.0

各年代のベストチームランキングトップ10:1990年代

1990年代 Embed from Getty Images フロリダ州立大のレジェンド、ボビー・バウデン監督 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 フロリダ州立大 90%(109勝13敗) 2 ネブラスカ大 86%(108勝16敗1敗) 3 フロリダ大 81%(102勝22敗1分け) 4 テネシー大

各年代のベストチームランキングトップ10:1980年代

1980年代 Embed from Getty Images ネブラスカ大のトム・オズボーン監督 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 ネブラスカ大 83.7%(103勝20敗) 2 マイアミ大 83.1%(99勝20敗) 3 オクラホマ大 76%(91勝26敗2分け) 4 ミシガン大 74% (90勝

各年代のベストチームランキングトップ10:1970年代

1970年代 Embed from Getty Images 1971年に行われたネブラスカ大とオクラホマ大の試合 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 オクラホマ大 86%(102勝13敗3分け) 2 アラバマ大 85%(103勝16敗1分け) 3 ミシガン大 83%(96勝16敗3分け) 4 ペンシ

各年代のベストチームランキングトップ10:1960年代

1960年代 Embed from Getty Images アラバマ大で指揮を執ったポール・ブライアント監督 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 アラバマ大 81%(90勝16敗4分け) 2 テキサス大 79%(86勝19敗3分け) 3 アーカンソー大 76%(82勝24敗1分け) 4 ペンシルバニ

各年代のベストチームランキングトップ10:1950年代

1950年代 Embed from Getty Images オクラホマ大とケンタッキー大の間で行われた1951年度のシュガーボウル 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 オクラホマ大 88%(93勝10敗2分け) 2 ミシガン州立大 76%(70勝21敗1分け) 3 ミシシッピ大 75%(80勝21敗

各年代のベストチームランキングトップ10:1940年代

1940年代 Embed from Getty Images 1948年に行なわれたサザンカリフォルニア大とミシガン大の試合 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 ノートルダム大 84.5%(82勝9敗6分け) 2  ミシガン大 80.4%(74勝15敗3分け) 3 テキサス大 76.4%(78勝21敗

各年代のベストチームランキングトップ10:1930年代

1930年代 Embed from Getty Images アラバマ大のフランク・トーマス監督(中央) 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1  アラバマ大 83%(79勝11敗5分け) 2 テネシー大 79%(83勝17敗5分け) 3 ピッツバーグ大 78%(75勝14敗7分け) 4 デューク大 77

各年代のベストチームランキングトップ10:1920年代

1920年代 Embed from Getty Images 1924年に活躍した、ノートルダム大の有名な「The Four Horsemen」と呼ばれた4選手   順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 ノートルダム大 85%(85勝11敗3分け) 2  サザンカリフォルニア大 83%(71勝

各年代のベストチームランキングトップ10:1910年代

1910年代 Embed from Getty Images この時期ノートルダム大を率いた名将ニュート・ロックニ監督 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 ハーバード大 84%(65勝7敗5分け) 2 ノートルダム大 83%(46勝6敗3分け) 3 テキサス大 77%(64勝18敗1分け) 4 ジョー

各年代のベストチームランキングトップ10:1900年代

1900年代 Embed from Getty Images 当時のハーバードスタジアム 順位 チーム 勝率(勝敗数) 1 イェール大 91%(100勝4敗5分け) 2 ミシガン大 88%(82勝8敗3分け) 3 ハーバード大 84%(91勝14敗3分け) 4 ミネソタ大 82%(80勝10敗7分け

各年代のベストチームランキングトップ10:1890年代

唐突ではありますが、これから数日に渡り各年代ごとのトップ10を勝率ごとにランク付けしたいと思います。 カレッジフットボール創成期から現在に至るまで約130年。その初期の上位チームの顔ぶれは今のものとは全く異なり、ひょっとしたら想像すら出来ないチームがランクインしていることと思います。カレッジフットボ

高校のコーチがカレッジチームに「リクルート」される訳

  アメリカンフットボールはアメリカの国技と言ってもいいぐらいポピュラーなスポーツです。その競技人口は若年層から始まり高校でピークを迎えカレッジ、そしてプロフェッショナルとふるいにかけられていきます。成人になってからもプレーをする人口は当然減っていく訳ですが、ティーンエイジに実際プレーする

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑩

1位:ニック・セイバン(Nick Saban)- アラバマ大 ここまで来ればもうだれが1位なんてすぐに分かってしまいますよね? Embed from Getty Images まあもう説明する事もないのでしょうけれど、彼の足跡をざっとおさらいしています。 ナショナルタイトル:5つ(ルイジアナ州立大で

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑨

2位:アーバン・マイヤー(Urban Meyer)- オハイオ州立大 現在オハイオ州立大のヘッドコーチであるアーバン・マイヤー監督はコーチング界で彗星のごとく現れ一気にスターダムにのし上がりました。 2001年に俗にいうミッドメジャー校であるボーリンググリーン州立大のヘッドコーチに就任。これがマイヤ

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑧

3位:マーク・ダントニオ(Mark Dantonio)- ミシガン州立大 強豪ひしめくBig Tenカンファレンス、とくにミシガン州立大が所属する東地区ではオハイオ州立大、ミシガン大という二巨頭が腰をすえる中、スパルタンズは彼らに臆することなく対峙しつづけ昨シーズンは見事この地区を勝ち抜いてカンファ

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑦

4位:レス・マイルズ(Les Miles)- ルイジアナ州立大 昨シーズンのルイジアナ州立大(LSU)は快進撃を続けるもアラバマ大との大一番に敗れそこから3連敗すると一気にヘッドコーチ、レス・マイルズ氏の解雇が濃厚だという噂が立ちました。しかしテキサスA&M大から勝利をもぎ取ると事態は一変。

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑥

5位:デヴィッド・ショウ(David Shaw)- スタンフォード大 スタンフォード大のヘッドコーチ、デヴィッド・ショウ監督は今回のリストに挙げられている監督と比べるとヘッドコーチ歴はそんなに長くはありません。 2011年に当時スタンフォード大の監督だったジム・ハーボー(Jim Harbaugh)氏

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑤

6位:ダボ・スウィニー(Dabo Swinney)- クレムソン大 比較的若い(46歳)ヘッドコーチですが、地道なリクルーティングとそのパッションでクレムソン大を中の上レベルのチームから強豪チームにまで育て上げたのがダボ・スウィニー監督です。 昨シーズン悲願のナショナルタイトル獲得を目指してアラバマ

ANY GIVEN 
SATURDAY

全米カレッジフットボールファンサイト