各年代のベストチームランキングトップ10:2000年代

2000年代
2005年度シーズンのナショナルチャンピオンシップゲーム、テキサス大対USC。「CF史上最高のゲーム」と名高いこの試合を制したテキサス大のQBヴィンス・ヤング。
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 テキサス大 85.2%(110勝19敗)
2 オクラホマ大 82.0%(110勝24敗)
3 オハオイ州立大 80.3% (102勝25敗)
4 サザンカリフォルニア大 79.6%(102勝26敗)
5 フロリダ大 76.9%(100勝30敗)
6 ルイジアナ州立大 76.1%(99勝31敗)
7 ジョージア大 75.9%(98勝31敗)
8 バージニア工科大 75.5%(99勝32敗)
9 マイアミ大 73.6%(92勝33敗)
10 テネシー大 65.3%(83勝44敗)

各年代のベストチームランキングトップ10:1990年代

1990年代
1999年に全米制覇を成し遂げたフロリダ州立大ヘッドコーチ、ボビー・バウデン監督(右)と当時のスターWRピーター・ワリック(左)
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 フロリダ州立大 90%(109勝13敗)
2 ネブラスカ大 86%(108勝16敗1敗)
3 フロリダ大 81%(102勝22敗1分け)
4 テネシー大 79.6% (98勝22敗3分け)
5 ペンシルバニア州立大 78.5%(95勝26敗)
6 マイアミ大 77.3%(92勝27敗)
7 ミシガン大 76.2%(93勝26敗3分け)
8 オハイオ州立大 73.9%(91勝29敗3分け)
9 コロラド大 70%(79勝29敗4分け)
10 ノートルダム大 69%(84勝35敗2分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1980年代

1980年代
のちにネブラスカ大の最多勝利コーチとなるトム・オズボーン監督
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 ネブラスカ大 83.7%(103勝20敗)
2 マイアミ大 83.1%(99勝20敗)
3 オクラホマ大 76%(91勝26敗2分け)
4 ミシガン大 74% (90勝29敗2分け)
5 ジョージア大 74.1%(89勝27敗4分け)
6 フロリダ州立大 73%(87勝29敗3分け)
7 アーバン大 72%(86勝31敗2分け)
8 アラバマ大 70%(85勝33敗2分け)
9 UCLA 69%(82勝30敗6分け)
10 ノートルダム大 64%(76勝39敗2分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1970年代

1970年代
ナショナルチャンピオンに輝き、その年のベストチームに送られるマッカーサーボウルを受賞する1975年のオクラホマ大。右から3人目がスィッツアー監督
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 オクラホマ大 86%(102勝13敗3分け)
2 アラバマ大 85%(103勝16敗1分け)
3 ミシガン大 83%(96勝16敗3分け)
4 ペンシルベニア州立大 81%(96勝22敗)
5 ノートルダム大 80.5% (91勝22敗)
6 ネブラスカ大 80.3%(98勝20敗4分け)
7 オハイオ州立大 79%(91勝20敗3分け)
8 サザンカリフォルニア大 78%(93勝21敗5分け)
9 テキサス大 76%(88勝26敗1分け)
10 アーカンソー大 68%(79勝31敗5分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1960年代

1960年代
1961年当時のアラバマ大チーム。中央のコーチがポール・ブライアント監督
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 アラバマ大 81%(90勝16敗4分け)
2 テキサス大 79%(86勝19敗3分け)
3 アーカンソー大 76%(82勝24敗1分け)
4 ペンシルバニア州立大 73%(77勝27敗1分け)
5 ミシシッピ大 71.2%(77勝25敗6分け)
6 ルイジアナ州立大 71.0%(76勝26敗5分け)
7 パデュー大 67% (65勝28敗3分け)
8 テネシー大 63%(67勝32敗6分け)
9 ノートルダム大 62%(62勝34敗4分け)
10 ミシガン州立大 61%(59勝34敗3分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1950年代

1950年代
選手達に担がれるオクラホマ大のバッド・ウィルキンソン監督
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 オクラホマ大 88%(93勝10敗2分け)
2 ミシガン州立大 76%(70勝21敗1分け)
3 ミシシッピ大 75%(80勝21敗5分け)
4 ジョージア工科大 71%(79勝26敗6分け)
5 UCLA 70%(68勝26敗3分け)
6 オハイオ州立大 68% (63勝24敗5分け)
7 ウィスコンシン大 61.9%(57勝28敗7分け)
8 テキサス大 61.5%(64勝38敗2分け)
9 ノートルダム大 60%(64勝34敗4分け)
10 空軍士官学校 58%(55勝30敗9分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1940年代

1940年代
1940年ノートルダム大対ジョージア工科大戦のチケットの半券
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 ノートルダム大 84.5%(82勝9敗6分け)
2  ミシガン大 80.4%(74勝15敗3分け)
3 テキサス大 76.4%(78勝21敗3分け)
4 ハーディン・シモンズ大 74.6%(56勝13敗6分け)
5 陸軍士官学校 73.9%(68勝17敗7分け)
6 テネシー大 73.6% (67勝19敗5分け)
7 アラバマ大 70.9%(66勝23敗4分け)
8 ペンシルバニア大 69.5%(57勝21敗4分け)
9 デューク大 64.1%(59勝28敗5分け)
10 空軍士官学校 50.6%(41勝35敗5分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1930年代

1930年代
1937年のアラバマ大コーチ陣。左から3年目がヘッドコーチのフランク・トーマス監督。ちなみに一番左はまだ選手だった、のちのアラバマ大のレジェンド、ポール・ブライアント
1937年のアラバマ大コーチ陣。左から3年目がヘッドコーチのフランク・トーマス監督。ちなみに一番右は当時まだ選手だった、のちのアラバマ大のレジェンド、ポール・ブライアント
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1  アラバマ大 83%(79勝11敗5分け)
2 テネシー大 79%(83勝17敗5分け)
3 ピッツバーグ大 78%(75勝14敗7分け)
4 デューク大 77%(77勝17敗5分け)
5 フォーダム大 72.6%(61勝14敗9分け)
6 ノートルダム大 72.5% (66勝20敗5分け)
7 サンタクララ大 69.44%(50勝17敗5分け)
8 ユタ大 69.41%(59勝20敗6分け)
9 ミネソタ大 68%(57勝19敗6分け)
10 オハイオ州立大 67%(57勝19敗5分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1920年代

1920年代
1924年に活躍した、ノートルダム大の有名な「The Four Horsemen」と呼ばれた4選手

 

順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 ノートルダム大 85%(85勝11敗3分け)
2  サザンカリフォルニア大 83%(71勝12敗2分け)
3 ピッツバーグ大 79%(65勝19敗8分け)
4 カリフォルニア大 76.8% (73勝15敗7分け)
5 ネブラスカ大 76.3%(55勝18敗9分け)
6 ミシガン大 74%(58勝16敗4分け)
7 バンダビル大 73.9%(68勝17敗7敗)
8 陸軍士官学校 73.6%(56勝13敗7分け)
9 ジョージア工科大 67%(62勝23敗7分け)
10 ジョージア大 63%(60勝31敗4分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1910年代

1910年代
1919年のハーバード大。第1次世界大戦後初のナショナルチャンプに

 

順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 ハーバード大 84%(65勝7敗5分け)
2 ノートルダム大 83%(46勝6敗3分け)
3 テキサス大 77%(64勝18敗1分け)
4 ジョージア工科大 76%(66勝16敗4分け)
5 ミネソタ大 75.36%(52勝13敗4分け)
6 ネブラスカ大 75.32% (58勝13敗6分け)
7 アーバン大 75.0%(60勝16敗4分け)
8 ジョージタウン大 71.79%(56勝18敗4敗)
9 バンダビル大 71.76%(61勝19敗5分け)
10 ジョージア大 61%(43勝18敗9分け)

各年代のベストチームランキングトップ10:1900年代

1900年代
1902年のイェール大。11勝0敗1分けでナショナルチャンプに

 

順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 イェール大 91%(100勝4敗5分け)
2 ミシガン大 88%(82勝8敗3分け)
3 ハーバード大 84%(91勝14敗3分け)
4 ミネソタ大 82%(80勝10敗7分け)
5 ペンシルバニア大 80%(100勝17敗7分け)
6 スワニー 79.6%(51勝10敗4分け)
7 プリンストン大 79.0% (79勝15敗6分け)
8 バンダビル大 77%(57勝10敗7分け)
9 ウィスコンシン大 76%(58勝15敗3分け)
10 シカゴ大 75%(81勝18敗8敗)

各年代のベストチームランキングトップ10:1890年代

1885年のイェール大フットボール部
1885年のイェール大フットボール部

唐突ではありますが、これから数日に渡り各年代ごとのトップ10を勝率ごとにランク付けしたいと思います。

カレッジフットボール創成期から現在に至るまで約130年。その初期の上位チームの顔ぶれは今のものとは全く異なり、ひょっとしたら想像すら出来ないチームがランクインしていることと思います。カレッジフットボールの歴史を紐解くと言う意味でも興味深いランキングになると思います。

1890年代
順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 イェール大 89.8%(106勝7敗5分け)
2 プリンストン大 89.2% (108勝9敗4分け)
3 ペンシルバニア大 88%(124勝14敗2分け)
4 ハーバード大 87%(103勝12敗3分け)
5 ミシガン大 79%(64勝14敗2分け)
6 ウィスコンシン大 76%(52勝14敗2分け)
7 ミネソタ大 68%(43勝18敗2分け)
8 コーネル大 62%(64勝33敗5分け)
9 ブラウン大 55%(55勝41敗4分け)
10 ダートマスカレッジ 50%(43勝39敗3敗)

高校のコーチがカレッジチームに「リクルート」される訳

football_on_the_grass

アメリカンフットボールはアメリカの国技と言ってもいいぐらいポピュラーなスポーツです。その競技人口は若年層から始まり高校でピークを迎えカレッジ、そしてプロフェッショナルとふるいにかけられていきます。成人になってからもプレーをする人口は当然減っていく訳ですが、ティーンエイジに実際プレーする選手が多いこと、そしてカレッジとプロのメディアでの露出量からメジャーリーグ、NBAと並び最も愛されるスポーツとされています。

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑧

3位:マーク・ダントニオ(Mark Dantonio)- ミシガン州立大

Mark+Dantonio

強豪ひしめくBig Tenカンファレンス、とくにミシガン州立大が所属する東地区ではオハイオ州立大ミシガン大という二巨頭が腰をすえる中、スパルタンズは彼らに臆することなく対峙しつづけ昨シーズンは見事この地区を勝ち抜いてカンファレンスタイトルを手にするまでに至りました。このミシガン州立大チームを率いるのがマーク・ダントニオ監督です。

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ⑦

4位:レス・マイルズ(Les Miles)- ルイジアナ州立大

LSU_Les_Miles_Remains

昨シーズンのルイジアナ州立大(LSU)は快進撃を続けるもアラバマ大との大一番に敗れそこから3連敗すると一気にヘッドコーチ、レス・マイルズ氏の解雇が濃厚だという噂が立ちました。しかしテキサスA&M大から勝利をもぎ取ると事態は一変。大学側はマイルズ監督続投の決定を下し、マイルズ監督は来年12年目のシーズンをLSUヘッドコーチとして迎えられる事となったのです。

現役のヘッドコーチトップ10 – 2016 ver. ④

7位:ボブ・ストゥープス(Bob Stoops)- オクラホマ大

bob_stoops

オクラホマ大ヘッドコーチ、ボブ・ストゥープス監督もまた以前書いた「長期政権を担うヘッドコーチ」シリーズで登場しました。読んで頂ければお分かりの通り、ストュープス監督は現在のところ同一チームでの監督歴が最長という肩書きを持っています。