2017年度AGS版プレーオフ!

アメリカでは現在メジャーリーグが開幕してテレビを賑わせています。他にもNBAではプレーオフに向けてレギュラーシーズンゲームが盛り上がっています。そして大詰めを迎えているのは大学男子バスケットボールトーナメント。3月に行われるこの全国大会は「マーチマッドネス(3月の狂気?)」と呼ばれ、合計68チームが参加する一大トーナメントにファンは一喜一憂します。

そして今週末に準決勝戦ならびに決勝戦が行われる「ファイナルフォー(Final Four)」が開催されますが、この4チームの顔ぶれは第1シードのヴィラノヴァ大、同じく第1シードのカンザス大、第3シードのミシガン大、そして第11シードのロヨラ大シカゴ校となっています。

カンザス大とミシガン大はさておき、ヴィラノヴァ大と聞いてピンとこない人は多いかもしれません。カレッジフットボールにおいてヴィラノヴァ大はFCS所属であり、全米のメディアに登場することはまずありませんが、バスケットボール部は強豪で知られています。特にここ5年間のチームの出来は素晴らしく、2015-2016年度シーズンにはナショナルチャンピオンにも輝いています。

そしてロヨラ大シカゴ校ですが、彼らこそ真のシンデレラチームと言っても過言ではないでしょう。まず第11シードチームがファイナルフォーに進出すること自体稀なことですが、フットボール部は無く男子バスケ部が稼ぎ頭となる小さな私立大学で、まさかこのチームが最後まで残るとは誰も予想だにしませんでした。1963年にナショナルチャンピオンに輝いたことがあるとは言え、当時の勢力図と現在の勢力図は比べ物にならないため、この近代カレッジバスケにおいて彼らがここまで残れたというのは非常に貴重なケースだと言えます。

Embed from Getty Images

世間を騒がしている男子バスケットボールのロヨラ大シカゴ校

ただ大学バスケットボール界にてシードの低いチームがトーナメントを勝ち進んでいくというのは頻繁に起きないとしても決して不可能な事象ではありません。その「下克上」の様子がマーチマッドネスの醍醐味でもあったりします。

そしてこのトーナメントを見るたびに思うこと・・・。それは「もしカレッジフットボールに男子バスケ並みのトーナメントがあったら・・・」ということです。

カレッジフットボール界では長い間トーナメントでナショナルチャンプを決めるという方式が採用されてきませいでした。しかし2014年度に初めてのプレーオフである「カレッジフットボールプレーオフ(CFP)」が導入されて待望のトーナメントが行われるようになったのです。

と言ってもご存知の通りCFPに出場できるのはたったの4チーム。準決勝戦と決勝戦のみの短期決戦システムであり、その参加チームを決めるシステムも賛否両論です。大きな進歩と言えますが、必ずしもパーフェクトなシステムとは言い切れません。

CFPの最大の弱点は4チームしか参加できないためほぼ必然的に強豪チームだけが参加できる「閉ざされたシステム」になってしまったことです。前述の男子バスケのトーナメントなら68チームも参加するために「格下」とされるロヨラ大シカゴ校のようなチームにも最後まで残れる可能性が残されています。つまりどんなに格下チームとレッテルを貼られようとも、トーナメントにさえ出場できればナショナルチャンプになる可能性が与えられるのです。そのためにはそれぞれのカンファレンスで優勝すれば良いわけで、CFPランキングのようなある意味主観的なシステムに頼る必要はありません。

昨年で言えば「格下」とされる「グループオブ5」出身のセントラルフロリダ大が13勝無敗で「シンデレラチーム」とされましたが、彼らでさえもプレーオフに進出することはありませんでした。そう言った意味では真のシンデレラチームをカレッジフットボール界で生み出すことは不可能とも言えます。

でももしカレッジフットボール界にベターなプレーオフシステムが存在したならば・・・そう考えてしまうのは何も私だけではないと思います。

そんな思いから昨年「2016年度AGS版プレーオフ!」という記事を書きましたが、男子バスケのファイナルフォーを目前にロヨラ大シカゴ校の活躍を見て2017年度バージョンも作ってみようと今回思い立ったわけです。

ということでルールは昨年を踏襲して2017年度AGS版プレーオフを勝手に行って見たいと思います!

【関連記事】2016年度AGS版プレーオフ!

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+