アディダス製の新ユニフォーム!

カレッジフットボールだけに限らず、アメリカのスポーツシーンでよく見かけるのはナイキ(NIKE)製のスポーツギアです。カレッジフットボールでは各々のチームが特定のスポーツ用品メーカーと契約してそのメーカー製のユニフォームやらジャージやらを身にまといます。そして全米で見ても半分以上のチームがナイキと契約していることは以前にも記事で紹介しました。

【関連記事】アンダーアーマーで大損?

ナイキがカレッジフットボール界で幅を利かせる中、その二番手につけているのがアディダスです。アディダスと言えばやっぱりサッカーを思い浮かべてしまいますが、カレッジフットボール界で4分の1のシェアを誇ると言っても個人的にはアディダスのアメフトギアには違和感を感じてしまいます。

とはいってもアディダスにとっては少しでも顧客を増やそうと努力していることでしょうし、また今付いている顧客についても彼らが離れていかないように気を配っていることでしょう。そんなアディダスですが、今回2018年度シーズンに向けて彼らと契約をしているマイアミ大ネブラスカ大テキサスA&M大ルイビル大カンザス大のための新ユニフォームを一斉に披露しました。

「プライムニットA1(Primeknit A1)」と呼ばれる新世代のユニフォームは柔軟性、機動性、そして通気性に優れたデザイン・素材とされ、今後アディダスと契約を結ぶチームへの主戦力となっていくことでしょう。

個人的には一番弱小の(失礼!)カンザス大のユニフォームが一番かっこいいと思ってしまいましたが・・・。

因みに上に挙げたチームの他にもアリゾナ州立大ジョージア工科大ラトガース大ミシシッピ州立大ノースカロライナ州立大などもこのプライムニットA1を採用するということです。

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+