歴代ワースト15ヘッドコーチ:パート2

grahamx-large

半年以上もほったらかしていた記事を見つけたのでここに再開したいと思います。

パート1はこちら

10位 トッド・グラハム、ピッツバーグ大(2011)

2006年、トッド・グラハム氏はライス大のヘッドコーチに就任し2005年に1勝10敗だったチームを1年で7勝5敗と勝ち越しチームにまで成長させ、その年のカンファレンスのコーチ・オブ・ザ・イヤーに選ばれました。この活躍の褒美として契約年延長を含む大幅なサラリーアップを大学側から提示されグラハム氏はそれに調印しました。が、サイン後数日してライス大を辞めてタルサ大のヘッドコーチに就任。これにはファンから批判の嵐が

そしてタルサ大を3年間率いた後、2011年にピッツバーグ大の監督に就任。しかしピッツバーグ大での1年目は6勝6敗と振るいませんでした。そしてピッツバーグ大に来てから1年も経たないうちにアリゾナ州立大のヘッドコーチに就任。ピッツバーグ大の選手にはこの決断を直接ではなくテキスト(携帯のショートメール)で伝えるなどしてファンや選手の怒りを買いました。

2006年から2012年の6年間の間に4チームのヘッドコーチとなったグラハム氏。しかもその内の2チームは1シーズンしか持たなかったのですから、これでは選手の信頼を勝ち取る事は出来ません。

9位 リッチ・ロドリゲス、 ミシガン大(2008-2010)

過去のミシガン大ヘッドコーチを振り返ってみて、後にも先にもこのリッチ・ロドリゲス氏に劣る監督が果たしていたでしょうか。

とにかくミシガン大フットボールとロドリゲス氏の相性が悪かった。ロドリゲス氏はスプレッドオフェンスで知られる新鋭のコーチ。一方ミシガン大はBig 10カンファレンス を土壌とする、ランオフェンスを基とするオフェンスを採用してきました。たしかに当時ロドリゲス氏はウエストバージニア大で成功を納め、彼の監督としての株は上がっていましたが、ミシガン大にスプレッドオフェンスを導入するというのは、例えばラン重視のアラバマ大に超アグレッシブなパスオフェンスをモットーとするマイク・リーチ氏(現ワシントン州立大)を起用するとか、トリプルオフェンスを得意としていたネブラスカ大にスプレッドオフェンスを得意とするビル・キャラハン氏を起用するとかそれぐらいとんでもないことだったのです。実際にそれが実現してしまったネブラスカ大の行く末はもう皆さんご承知の通りです。

彼がウエストバージニア大を出る際にも一悶着あり、それが尾を引いたせいか初年度からファンの受けはあまり良くありませんでした。さらにチーム内でもロドリゲス氏の体制に不満を持つ選手も現れ、そして挙げ句の果てにNCAAの定める規定練習時間をはるかに超えるトレーニングを課していたことが暴露され、合計3年間の制裁を受けることになりました。

その結果2010年シーズン後にミシガン大はロドリゲス氏を解雇。250万ドルのバイアウト費を支払う羽目になったのです。

ミシガン大での3年間のロドリゲス氏の戦績は15勝22敗。前任コーチのロイド・カー氏引退後のミシガン大を任されたロドリゲス氏でしたが、結果は散々なものとなってしまいました。

(つづく)