各年代のベストチームランキングトップ10:1970年代

1970年代

ナショナルチャンピオンに輝き、その年のベストチームに送られるマッカーサーボウルを受賞する1975年のオクラホマ大。右から3人目がスィッツアー監督

順位 チーム 勝率(勝敗数)
1 オクラホマ大 86%(102勝13敗3分け)
2 アラバマ大 85%(103勝16敗1分け)
3 ミシガン大 83%(96勝16敗3分け)
4 ペンシルベニア州立大 81%(96勝22敗)
5 ノートルダム大 80.5% (91勝22敗)
6 ネブラスカ大 80.3%(98勝20敗4分け)
7 オハイオ州立大 79%(91勝20敗3分け)
8 サザンカリフォルニア大 78%(93勝21敗5分け)
9 テキサス大 76%(88勝26敗1分け)
10 アーカンソー大 68%(79勝31敗5分け)

1970年代の勢力図をランキングから垣間見ると、これまでのどの年代と比べても上位チームが高い勝率を誇っていることがわかります。このランキングではオクラホマ大が1位となっていますが、1位から8位までのどのチームが首位を飾ってもおかしくはありません。それぐらい上位チームのパワーバランスは拮抗していました。

1950年代に一時代を築いたオクラホマ大は名将バリー・スィッツアー(Barry Switzer)監督のもと復活。アラバマ大ポール・ブライアント(Paul Bryant)監督の新兵器、ウィッシュボーンフォーメーションで前年代から続いてその力を誇示。またトリプルオプションの申し子であるネブラスカ大も健在。テキサス州の雄・テキサス大も隣人のオクラホマ大、ネブラスカ大といったBig 8カンファレンス(のちのBig 12)の強豪に立ち向かうべくサウスウエストカンファレンス(のちにBig 8に吸収合併されBig 12に)の長として活躍。またペンステートノートルダム大ミシガン大オハイオ州立大といった北東部のチームも幅を利かせていました。また西海岸ではサザンカリフォルニア大が復活しこの年代で5度トップ2以内にランクされました。

このように強豪チームが次々と各地に興隆していたわけですが、これはカレッジフットボール界にとっては一長一短な現象でした。

強豪が増えそれらのチームが相まみえることによりカレッジフットボールのエンターテイメント性は格段に向上しました。この年代が元でカレッジフットボールのメディアへの露出が増加しカレッジフットボールがアメリカのスポーツとして全米で認知される元となったのです。

しかしそれらの強豪チームがリクルーティングにおいてタレントを囲うことにより強豪チームとそうでないチームの力の差が大きく離れる要因となりました。これにより以前より増して中位レベルチームが上位に食い込むことが難しくなったのです。強豪チームの絶対数は増えましたが、パワーチームとそうでないチームの差が開くというある意味今までとは別の形の「一極集中」という状況に陥ったのでした。