元ベイラー大監督ブライルス氏がベイラー大の試合を観戦

ベイラー大の元監督で選手のスキャンダル(主に選手が起こしたレイプ疑惑)の責任をとり解雇されたアート・ブライルス(Art Briles)氏がベイラー大とライス大の試合を観戦するというサプライズを見せました。

おそらくお忍びでの観戦だったのでしょうが、周囲のファンは彼の存在に直ぐに気付いたらしく、ツイッターでその情報は瞬く間に広がりました。

米スポーツ専門局ESPNのインタビューでブライルス氏はこの試合に足を運んだ理由をこう述べました。

「私は(ベイラー大の)選手たち、コーチたちが今も大好きだからです。そしてベイラーネーション(ベイラー大のファンたちを呼ぶ言葉)は私にとって今も大切に思っている人たちです。おそらく私にとってこのライス大戦が唯一観戦出来る試合だと思い足を運びました。私は決して自分が試合会場に訪れる事で試合の邪魔をしたくはありませんでした。この試合は選手、そしてコーチ達の為のものだからです。」

ブライルス氏によると彼が試合会場に直接顔を出す事はベイラー大側のどの関係者にも知らせなかったと言う事で、彼が彼の意思で極秘に観戦に来たということになります。

彼に気付いたファン達は握手をしたり写真を撮ったり、中にはセルフィーをする人までいたそうです。

先にも触れたようにブライルス氏は自身の選手が犯した犯罪に関して積極的に状況を改善しなかったと言うことでその罪を問われています。彼は試合の邪魔をしたくない、と言ってはいますが、事の大きさを考えると彼がこのようにベイラー大に関わる全てのイベントに少しでも名を連ねればおのずと「騒音」となってしまうのは避けられない状況です。ただこうやってひっそりと自分の育てたチーム、選手、コーチを応援しに現場に駆けつけるところに何となく哀愁が漂っています。

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+