1942_notre-dame_vs_michigan

全米を代表する、歴史ある強豪同士のライバリーが復活です。

ミシガン大ノートルダム大という二大チームがホームアンドホームのシリーズを2018年から復活させると両校から発表がありました。2018年のシーズン開幕戦(9月1日)がノートルダム大で、そして2019年10月26日にはミシガン大のホームで行われることになります。

以下が両校からの発表の一部です。

「選手たち並びにコーチたちにとってこの試合は大変意味のあるものになります。この偉大なるマッチアップ復活に尽力してくれたミシガン大ヘッドコーチ、ジム・ハーボー(Jim Harbaugh)監督、ノートルダム大ヘッドコーチ、ブライアン・ケリー(Brian Kelly)監督に感謝いたします。またこのライバリーは両チームのファンにとっても待ち望まれたものです。多くの人々がこのカレッジフットボールの素晴らしいライバリー復活に心躍らせている事でしょう。」(ミシガン大体育局長ワード・マニュエル氏)

「ミシガン大とノートルダム大はこれまで長きに渡り健全なるライバル関係を築いてきました。そしていつの時もこの試合では両校がベストを出し切る非常に見応えのあるゲームとなります。今後ケリー監督率いるノートルダム大と対戦出来るのが非常に楽しみです。」(ミシガン大ハーボー監督)

「ノートルダム大、ミシガン大、両校のファン、そしてカレッジフットボールファンにとって今日は最良の日となりました。マニュエル氏がミシガン大の体育局長に就任した直後から私たちはこのライバリーを復活させることが出来ないか話し合ってきました。2018年と2019年という非常に差し迫ったスケジュールのなかでこれを現実のものに出来たのはBig Tenカンファレンス、ACC、そして他のチームが既に決まっていたスケジュールを変更する事に同意して頂いたおかげであります。」(ノートルダム大体育局長ジャック・スワーブリック氏)

「われわれノートルダム大とミシガン大と言う二つの全米を代表するチーム同士が再びフィールド上で対戦出来ることに大きな喜びを感じています。両チームともカレッジフットボールの歴史上長きに渡り輝かしい成績を残してきました。事実、我々2チームは全米中の最多勝利チーム第1位と第2位なのですから。私たちはこのライバリー復活をここ数年話し合ってきました。それもこれもジャック(スワーブリック氏)や大学上層部の懸命なる働きがあったからこそ可能となりました。このゲームが復活した事は両校だけでなくカレッジフットボールを愛するファン達にとっても『勝利』であると言えるでしょう。」(ノートルダム大ケリー監督)

さらにマニュエル氏は2019年以降についてもこのライバリーが継続出来るよう話し合いが続いていると言う事です。2018年と2019年のマッチアップが可能になったのも前述の通りすでに決まっていた試合を変更させて実現させた事です。つまり変更させられたチームはこれから新たに対戦相手を捜さなければならないと言う事です。莫大なお金が背後で動いている事を考えるとこのようなビッグネームとの対戦を白紙に戻される対戦相手にとってみれば大変な痛手ですから。

実際ミシガン大は2012年の時点でスケジュールが組まれていたSECのアーカンソー大とのホームアンドホームシリーズをキャンセルしなければなりませんでした。この変更でミシガン大はアーカンソー大に200万ドル(約2億円)支払ったと言います。

これまで42度の対戦があった両チームですが、勝敗は24勝17敗1分けでミシガン大がリードしています。対戦の歴史は古く、初顔合わせは1887年。以来2度長期間対戦がなかった時期がありましたが(1910年-1941年、1944年-1977年)、1978年以降37年間で18度対戦。そして2014年のゲームを最後にまたこのライバリーは休止状態に入っていました。

これまでも多くの名勝負を繰り広げてきたこのマッチアップ。復活は誰しもが望んでいた事に違いありません。