フロリダ大とマイアミ大のライバリーゲームが復活

フロリダ大マイアミ大のライバル対決が復活です。

2013年を最後に途絶えていたこのフロリダ州内のビッグライバリーですが、フロリダ大とマイアミ大はこの度2019年にこのマッチアップを復活させると発表しました。開催地はちょうど中間点のフロリダ州オーランド。シトラスボウルからキャンピングワールドスタジアムに名を変えたこのスタジアムで再びバトルが繰り広げられます。

全米でもライバル対決としての歴史が古いこの両者の死闘の歴史は1938年まで遡ります。以来対戦成績はマイアミ大29勝、フロリダ大26勝とマイアミ大がかろうじてリードするもほぼ互角の勝負を披露してきました。

1938年以来毎年火花を散らしてきた両チームですが、1987年以降は6度しか対戦がありませんでした。

フロリダ州立大とならび、フロリダ州三強の一角をなしていたフロリダ大とマイアミ大。両方とも新チーム体制(フロリダ大はマクエルウェイン監督が昨年度、マイアミ大は元ジョージア大のマーク・リクト監督の初年度就任)となりまた以前のような活気あるフロリダ州フットボールを見せてくれるでしょうか。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ