ハイズマントロフィーの栄冠は誰の手に?!

heisman-trophy

カレッジフットボール界において最高峰のアワードであるハイズマントロフィー。その年のベストプレーヤーに贈られるこの賞はカレッジフットボールに勤しむものであれば誰でも欲しいものであり、だからといって誰でも手に入れられるようなものでもありません。そんな名誉あるアワード、今年最終候補者に選ばれた選手たちは12月14日に行われる授賞式に出席するためにニューヨークへ向かいます。今年授賞式に招待されたのは3選手。アラバマ大RBデリック・ヘンリー、スタンフォード大RBクリスチャン・マカフリー、クレムソン大QBデショーン・ワトソンのいずれか一人が今年のベストプレーヤーとして表彰されることになります。

デリック・ヘンリー(Derrick Henry)

アラバマ大3年生 | RB | #2
キャリー数 ランヤード TD数
339 1986 23
ハイライト
  • ヘンリーのラッシュヤード1986ヤードは今季全米第1位の記録
  • 34年間破られなかったSECのシングルシーズンラッシュヤード新記録を樹立
  • 23TDもSECの新記録
  • 所属チーム・アラバマ大はSECチャンピオンでプレーオフに進出

 

 

 

 

derrick henry

クリスチャン・マカフリー(Christian McCaffrey)

スタンフォード大2年生 | RB | #5
キャリー回数 ランヤード TD数
319 1847 8
レシーブ回数 レシーブヤード TD数
41 540 4
パス成功数/パス回数 パスヤード TD数
2/3 39 2
パントリターン回数 リターンヤード TD数
14 67 0
キックリターン回数 リターンヤード TD数
36 1042 1
ハイライト
  • ラン、レシーブ、パス、リターンでTDを奪うマルチプレーヤー
  • 元オクラホマ州立大RBでNFL殿堂入りを果たしたバリー・サンダース(Barry Saunders)が保持していた、NCAAのオールパーパスヤードを更新(3496ヤード)
  • Pac-12優勝決定戦でも461ヤードのオールパーパスヤードを記録。走って207ヤードに105ヤードの捕球も決めさらにはスタンフォード大の先制点となる11ヤードTDパスを通すなどまさに何でも出来てしまう選手
  • チームはサザンカリフォルニア大を倒しPac-12タイトルを獲得しましたが、残念ながら2敗が響き惜しくもプレーオフ進出ならず

 

 

 

 

Christian McCaffery

デショーン・ワトソン(Deshaun Watson)

クレムソン大2年生 | QB | #4
パス成功数/パス回数 (パス成功率)

パスヤード   TD数
287/413 (69.5%)

3512   30
キャリー回数 ランヤード   TD数
163 887   11
ハイライト
  • 投げても走っても超一流の2年生QB
  • 今季唯一の無敗チームを指揮して来た選手
  • 最終戦の対ノースカロライナ大戦では3TDを含む289ヤードパスと2TDを含む131ヤードのランを記録しチームの勝利に貢献
  • チームはACCチャンピオンとしてプレーオフ進出