Tennessee Alabama Football

現在開幕以来の首位を守り続けているアラバマ大。彼らの永遠のライバルといえば同じアラバマ州にあるアーバン大ですが、先日アラバマ大のニック・セイバン(Nick Saban)監督はアーバン大関係者及びファンたちを逆撫でするような発言をしました。

セイバン監督は先週出演したラジオの中で、アラバマ大の選手たちはアーバン大戦よりもテネシー大戦の方を楽しみにしている、と語ったということです。

セイバン監督の性格から察すると故意にアーバン大を下に見るような意図でこんな事を言ったとは思えませんが、全米でも1、2を争う歴史あるライバリーとして知られている両校の関係を考えればアーバン大側にしてみればこんなことを言われればおもしろくはないでしょう。テネシー大とアラバマ大の両校も伝統あるライバル同士ですが「アイロンボウル」という別称まであるこのライバル関係には及ばないのです。少なくともアラバマ大選手以外はそう思っているはずです(笑)。

過去5年間でセイバン監督下のアラバマ大はアーバン大から4度白星を奪っています。唯一の黒星は2013年度の「キックシックス」で知られる試合のみです。この年のアーバン大は現カロライナパンサーズのQBでハイズマントロフィー受賞者でもあるカム・ニュートン(Cam Newton)を擁し全米制覇を成し遂げました。しかしそれ以来アーバン大はアラバマ大に手も足も出ない状態です。

一方テネシー大にとってはアラバマ大との相性は更に悪く現在9連敗中。ただ今季のテネシー大は5週目を終えて全米9位とここ最近で一番高い順位にランクされています。

セイバン監督は選手はシーズン最終戦のアーバン大戦よりも目前のテネシー戦に焦点を合わせていると言いたかったのかもしれません。もっとも今週末はアーカンソー大との試合があるため、その論理だと今度はアーカンソー大に失礼な発言ととられてしまいますが。いずれにしてもこの発言を聞いたアーバン大選手たちの怒りのボルテージは上がっているはずですから、今年のアイロンボウルはいつもよりも更に意味のある対戦となるでしょう。セイバン監督にとって「あんな事言わなきゃ良かった...。」というようなことにならなければいいのですが。