テキサス工科大とダラスカウボーイズがスプリングゲームで提携

この春に行われるテキサス工科大の紅白戦、所謂「スプリングゲーム」がNFLダラスカウボーイズの施設内で行われる事になりました。

「え、あのカウボーイズのホームスタジアムで?!」と思う方もいるかもしれませんが、そうではなくて彼らのスポーツ複合施設「The Star(ザ・スター)」内にある「フォードセンター」と呼ばれる屋内競技場で行われるということです。「フォードセンター」は1万2千人収容可能の最新施設で下の写真のように非常に美しい屋内スタジアムとなっています。

この試合はテレビ放映もされるということですが、入場料もとるらしく、一人10ドル(約1000円)ほどになるということです(18歳未満は無料)。ダラス側からすれば施設を提供するからには何らかの見返りを欲するでしょうから、紅白戦だとしてもチケットの売り上げは必要なことでしょう。しかしたかだか紅白戦にお金を払ってまでいく(たとえ10ドルポッキリだとしても)というのは個人的にはどうなのかなぁと思ってしまいます。しかもテキサス工科大のキャンパスからは車で5時間もかかるのです。ガソリン代、駐車代、チケット代、その他諸々をはたいてまで見に行く価値があるのか・・・。とも思ってしまいますが、おそらく満員になるんでしょうね。

【関連記事】スプリングフットボール: 失われた伝統

「世界でもトップクラスのスポーツ組織であるダラスカウボーイズとこのようにパートナーシップを継続できることに我々テキサス工科大も大変嬉しく思っています。今回このようにスプリングゲームをカウボーイズの施設で開催することができることは選手だけでなくダラス市近辺の我々のファンにとっても大変意義のあることだと思います。『The Star』は我々がフットボール部及びテキサス工科大をアピールするのに絶好の機会を与えてくれるはずです。」とは体育局長のカービー・ホカット氏。

このような形でカレッジチームがNFLチームとタッグを組むのはテキサス工科大が初のケースとなりますが、これを見て他のチームが黙っているとは思えません。例えばミシガン大がデトロイトライオンズと組むとか、ウィスコンシン大がグリーンベイパッカーズと組むとか、ジョージア工科大がアトランタファルコンズと組むとか・・・。もしそうなり始めたらきっとNCAAも黙って見ているわけはないのでしょうが(笑)。