サザンカリフォルニア大QBブラウン、ピッツバーグ大へ転校

NCAA Football: Southern California at Arizona State

今季開幕時にサザンカリフォルニア大の先発QBを任されていたマックス・ブラウン(Max Browne)。しかし彼は思うようにコーチ陣の期待に応えることが出来ず、シーズン途中に先発の座をサム・ダーノルド(Sam Darnold)に奪われ、以降先発出場する機会は与えられませんでした。そして彼はすでにサザンカリフォルニア大から転校する事を表明していましたが、今回その行き先が明らかになりました。

【関連記事】第6週目の見どころ

【関連記事】今週のニュースまとめ(第10週)

現在4年生のブラウンはあともう1年のプレー資格が残されていますが、今学期で学位を取得する予定の彼は慣れ親しんだサザンカリフォルニア大キャンパスをさり、最後のプレーチャンスを求めてピッツバーグ大へトランスファーする事が決定したようです。大学院生としてのトランスファーのため、ブラウンは来季から直ぐにピッツバーグ大でプレーする事が可能となります。

ピッツバーグ大では今季の先発QBネイサン・ピーターマン(Nathan Peterman)が卒業するためブラウンがピッツバーグ大で来季先発QBの座を射止める確率は高そうです。