クレムソン大QBワトソン、怪我から復帰してキャンプイン

 

昨年シーズン終盤に膝の靭帯を損傷して戦線離脱したクレムソン大QBデショーン・ワトソンがプレシーズンキャンプで健在ぶりをアピールしています。

ワトソンが完全復帰する事が見込まれているクレムソン大は今年の下馬評ではACCチャンピオンの最有力候補に挙げられています。しかし、彼が本調子でなければ彼以外のQBの経験値の少なさからクレムソン大の先行きは怪しくなると言ってもいいでしょう。

今年2年生のワトソンは昨年1年生ながら開幕3試合目にして先発QBの座を射止め、その試合の対戦相手、後のナショナルチャンピオンとなるフロリダ州立大と接戦を繰り広げ、オーバータイムの末惜しくも破れましたが、彼の株は一気に急上昇。ジョージア工科大との一騎打ちで膝を負傷。しかし2週間後のサウスカロライナ大戦には膝にブレースを装着して試合に臨みました。実はこの時点で膝のじん帯が断裂していた事があとになって公表され、その是非が議論されたのでした。

ワトソンの類い稀なるタレント、特にスピードは今年のクレムソン大の運命を大きく分けるといっても過言ではなく、それゆえ彼の膝の調子が大変気になる所です。

 

この記事が気に入ったらクリック!
この記事が気に入ったらポチッ!
シェアする 0
ツイートする
Pocket
  • Instagram
Google+