アラバマ大の2選手が不法薬物・武器所持で逮捕

少々古いニュースになりますが、アラバマ大の先発OLキャム・ロビンソン(Cam Robinson)とバックアップDBローレンス・ジョーンズ両選手が不法薬物・武器所持で逮捕されました。

ロビンソンはリクルート時代全米トップOLとして鳴り物入りでアラバマ大に入学。1年次に早くも先発の座を射止めると存在感をアピール。昨年の2年次にはオールSECに選ばれ、全米制覇したチームを支えました。プレーオフの2試合ではQBサックを与えること無く勝利に覆いに貢献。来季後のNFLドラフト入りが噂され、そうなれば目玉選手の一人となる可能性が十分にあります。

この事件を受け、チームメートからは彼らを擁護するような意見が出ています。

「俺はあの2人のことを良く知っているが、やつらはそんなことをするような連中じゃない!」(DBロニー・ハリソン)

「何万回と正しいことをしていても、たった一度過ちを犯しただけで人々はそのような人間を社会の敵だと見なす・・・。自分には理解出来ない」(DLダショーン・ハンド)

仮にロビンソンに何らかの処分が下るとすればその規模によってはアラバマ大の連覇に不安要素を残すことになりそうです。

この記事が気に入ったらポチッ!
この記事が気に入ったらポチッ!
Share on facebook
シェアする 0
Share on twitter
ツイートする
Share on twitter
Share on facebook
このエントリーをはてなブックマークに追加
Share on pocket

RECOMMENDED 
こちらの記事もどうぞ